ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水の量・温度・時間を自動調節!完璧な紅茶を提供するマシン「Teforia」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紅茶やお茶の茶葉を自動で淹れてくれるマシン「Teforia」が今年510万ドル(約6億1000万円)の資金調達に成功し、今後が注目されている。

最大の特長は、独自のSIPシステム(Selective Infusion Profile System)を搭載しており、茶葉の種類に合った最適な淹れ方をTeforiaが選んでくれるという点。

XBOX360やKindle Fireを手掛けたAllen Han氏がファウンダーであり、デザインも手掛けている。

・とにかくこだわりが強い!SIPシステム

SIPシステムは、Han氏がTeforiaのために独自に開発した技術。

それぞれの品種に最良となる水の量・温度・時間がインプットされており、簡単に美味しいお茶や紅茶が楽しめる。

味だけでなく、サイフォンのような浸出過程を眺ても楽しめるかもしれない。

・スマホとの連動で楽しめる

専用のアプリで、飲みたいお茶を選択すれば、原産地やカフェインの量など細かな情報を得ることが可能。アプリ上で好みを確認しながら、茶葉をブレンドすることもできる。

データベース上にない茶葉であっても、いくつかの質問に答えれば、最適な淹れ方を自動で設定しくれる。

Teforia通常価格は1299ドル。プレオーダーの250台に関しては、699ドル(約8万1000円)での販売となり本販売は2016年春を予定。
紅茶・お茶の愛好家、お茶の淹れ方にこだわる人には、価値のある商品かもしれない。
Teforia

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。