体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遠藤侑介・まつもとゆきひろ・増井雄一郎が語る「超絶技巧プログラミングはなぜ面白いのか」

なぜいま超絶技巧プログラミングなのか

──遠藤さんの著書、『あなたの知らない超絶技巧プログラミングの世界』(技術評論社)は実用性を追求するだけでは出会えない、ちょっぴり不思議なプログラミングの世界で一緒に遊びに行きましょうというのがテーマです。まず、この本を、なぜお書きになったのか聞かせてください。

遠藤:単に面白いからとしか言いようがなくて。いろんなとこで公開やデモをしていたら技術評論社の編集さんの目に止まって、まあ書いたというところですね。

まつもと:最初に、この手のプログラムを書いたのはいつ?

遠藤:2008年の頭ぐらいですね、確か。

増井:まだ7年ぐらい前?もっと前からやっているのかと思っていました。

まつもと:その時はもう就職していました?

遠藤:してました。RubyKaigiに関わるか関わらないか、ちょうどそのぐらいですね。それより前から、IOCCC(The International Obfuscated C Code Contest)とか、関連する話はもちろん知っていて、Quine(クワイン)の書き方も、学生のころにWebの情報を見て、まねするということはやっていました。まさかそんなにいっぱい書くとは思わなかったですけど。

まつもと:IOCCCを知っていたということは、参加しようと思ったとか?

遠藤:僕が知った頃って、IOCCCの断絶期間というか、全然開催されていない期間だったので、もう終わったと思っていたんですよ。あるんだったらやりたいなと思っていたけど、もう、参加できない状態だった。その後、復活したので、それからやりだしたという感じですね。

増井:普通の人は、IOCCCを知らないですよね。「故意に難解なC言語のプログラムを書き、その読みにくさと複雑さを競うというハッカーの奇祭」とWikipediaにはあります。こういうと、僕はPerlでやるイメージが強いですけどね。

まつもと:そこをCでやるの。

遠藤:IOCCCはPerlより前、1984年からありますから。

増井:そうなんだ。

まつもと:Perlは、1986年だもんね。

遠藤:そうそう、ラリー・ウォール(Perl開発者)は2度ほど優勝していますよ。

まつもと:さすがラリー・ウォール。

遠藤:その時はPatchの作者として知られていた。Perlはまだ出ていなかったので。

まつもと:Patchとか、rnとかを作った人として認識されてたね。

遠藤:そうそう。受賞時の選評に「rnとPatchの作者がわれわれに面白いプログラムを届けてくれた」みたいなコメントが載っていますね。Dvorakキーボードのシミュレーターと、ローマ数字の計算機ですね、確か。ぜひ、まつもとさんもやってくださいよ(笑)。

まつもと:その手の脳みそがなくて。いや、多分ね訓練だと思うんだよね、プログラミングって。ピアノと一緒で、慣れてくると楽譜見ながら、よそ見しながら、歌いながらでも弾けるようになる。

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy