ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星形パイに魔女の家! 世界のユニークなクリスマス菓子〈前編〉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

木に見立てたロールケーキの「ブッシュ・ド・ノエル」や、甘いパンのようなドイツの伝統菓子「シュトレン」など、最近では日本でも世界各国のクリスマススイーツを食べられるようになりました。ですが、日本ではまだあまり知られていないクリスマス菓子も世界にはたくさん! ネクストブレイクの可能性を秘めた、世界各国のユニークなクリスマス菓子をご紹介します。

ドイツの「ヘクセンハウス」は魔女の家

「ヘクセン」とはドイツ語で「魔女の」という意味。グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」で子どもたちが迷い込んだ、お菓子でできた魔女の家を覚えていますか? 固めのジンジャーブレッドなどを組み合わせてミニチュアの一軒家の形に作ったこのお菓子は、まさにリアル「お菓子の家」。ドイツではクリスマスの時期になるとこのヘクセンハウスを作って飾っておき、クリスマスが過ぎたら壊して食べるという伝統があります。最近では日本でもオリジナルのヘクセンハウスが作れるキットも販売されています。

フィンランドの星形パイ「ヨウルトルットゥ」

まるで呪文のような響きを持つ「ヨウルトルットゥ」とは、フィンランド語で「クリスマス・パイ」のこと。クリスマスツリーのてっぺんに飾る星をかたどった、星の形のパイです。パイ生地を正方形に切り、4ヶ所に切り込みを入れたら、中央にプルーンなど酸味のあるジャムをのせ、星の形に整えて焼き上げればできあがり。聖夜は家族みんなでこのパイを食べるのがフィンランド流のクリスマスです。

スイスのクリスマスクッキー「ツィームトシュテルン」

同じく星形といえば、スイスに「ツィームトシュテルン」というお菓子もあります。こちらはマジパンとアーモンドプードル、粉糖、卵白をあわせて焼き、仕上げにグラス・ロワイヤル(卵白、粉糖、レモン汁を練ったアイシングの一種)で表面を白くコーティングした星形のクリスマスクッキー。スイスでは12月に入ると、あちこちのお菓子屋さんや家でこのツィームトシュテルンがツリーや窓辺に飾られます。

さて、あなたはいくつ知っていましたか? 世界にはまだまだ知られざるクリスマス菓子がたくさんあります。次回はスウェーデン、オランダ、スペインのクリスマス菓子をご紹介します。

参考文献:『おいしいスイーツの事典』成美堂出版

おすすめのレシピ

クリスマスにおすすめのスイーツレシピをご紹介

生地はふるだけ!簡単いちごタルトのレシピ | 料理サプリ

ワンボウル!全卵で作るガトーショコラのレシピ | 料理サプリ

ふんわりロマノフ いちご添えのレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP