ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンワサプライ、書籍や紙の書類のデジタル化にも役立つタブレットスタンド「CR-LATAB18」「CR-LATAB19」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンワサプライは、書籍や紙の書類のデジタル化のための撮影台としても活用できるタブレットスタンド「CR-LATAB18」「CR-LATAB19」を発売しました。新製品は、7 ~ 11 インチまでのタブレットを搭載できる汎用のタブレットスタンドで、タブレットが真下を向くようにホルダーが動くので、本や書類などを撮影するのにも役立ちます。一般的なタブレットスタンド・アーム製品とは違って、ホルダーが上下にスライドする仕組みなので、通常のタブレットスタンドの場合は高さを調節でき、デジタル化の場合には撮影対象のスキャンサイズを調節できます。2 モデルの違いは設置方法で、「CR-LATAB18」は脚を持つスタンドで、「CR-LATAB19」はクランプ式です。価格はそれぞれ、24,840 円、22,680 円となっています。タブレットスタンド・アーム製品としてかなり高価です。Source : サンワサプライ

■関連記事
Samsung未発表の8インチタブレット「SM-T375S」がBluetooth SIGの認証を取得
BlackBerry Privに搭載された独自機能を紹介
Nexus 5Xで非公式に電子式手ブレ補正を有効にする方法が発見される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP