体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミャンマー料理って?現地で食べたいミャンマー料理19選

Photo credit: Masato Tanaka「ミャンマー」

Photo credit: Masato Tanaka「ミャンマー」

TRiPORTライターのさとりんです。
「アジア最後の秘境」と呼ばれるミャンマー。そんなミャンマーで食べられている料理ってどんなものかご存知ですか?
日本では、人気のタイ料理、ベトナム料理、インド料理。それに加え、この間TRiPORTの記事で、実は日本人に合う料理としてカンボジア料理を紹介させていただきました。でも実は、ミャンマー料理も日本人向けの料理だということが発覚!
そこで今回は、ミャンマーのおすすめ料理と、ミャンマーにあるおすすめのレストランをご紹介します。

ミャンマーの料理について

ミャンマーは中国、ラオス、バングラディッシュ、タイ、インドなど、たくさんの国と接しています。そのため、ミャンマーは多民族国家で、料理の種類もそれぞれあり、いろんな料理があります。
その中でも、ミャンマーで約70%を占めるのがビルマ族の料理です。ビルマ料理は、スパイスの使用が他のアジア料理と比べると控えめなこと、油をたくさん使用することが特徴です。
辛さはインド料理から、油っこさは中華料理から影響を受けていいとこどりをしたものが、ミャンマー料理と言えるでしょう。
ハマったらとまらなくなってしまうのがミャンマー料理です。

米が主食に据えられ、1,2種類の副菜を添えて大量の米を食べるのが基本的なビルマ族の食事スタイルである。後述するシャン米、もち米も食べられているが、ミャンマーの食卓にはインディカ米が上ることが多い。
出典: 「主食と副菜」ビルマ料理-Wikipediaより

ミャンマーの地図

Photo credit: dany13 via flickr cc

Photo credit: dany13 via flickr cc

1. トウッ(Thou)

Photo credit: Miki Aikawa「22000円8泊9日のミャンマー一人旅~中編:アジアで一番好きになった場所、バガン」

Photo credit: Miki Aikawa「22000円8泊9日のミャンマー一人旅~中編:アジアで一番好きになった場所、バガン」

サラダ全般のことをトウッと言います。なので「○○のサラダ」と日本で言うのと同様に、「○○トウッ」と、サラダの種類によって変わります。
トウッの種類は豊富。是非、あなた好みのサラダを見つけてみて下さい。

トウッの主な種類
カリフラワーのサラダ「ゴービーバントウッ」、未熟のマンゴーのサラダ「タイェッチントウッ」、焼茄子のサラダ「カヤンディトウッ」、トマトのサラダ「カヤンチンディートウッ」、レモンの葉のサラダ「ショウユエットウッ」、ポテトサラダ「アールートウッ」など

2. ヒン(Hin)

Photo credit: penny via flickr cc

Photo credit: penny via flickr cc

ヒンは、カレーで味付けされた煮込み料理のことで、「○○ヒン」という名前がついているものは同じ料理で、具によって「○○」に入る名前が変わります。(おかず全般のことも「ヒン」ということがあります)
ミャンマーのカレーはインドカレーにも似ていますが、インドのカレーほどスパイスも多くなく辛くもないので、辛いのが苦手な人でも食べれると思いますよ。

タマネギ(トマトが加わる場合もある)をベースとして煮込み、具はブタ、ウシ、ヒツジ、ニワトリの肉と内臓、魚介類、野菜であり、調味料は具に応じて使い分けられる。その種類は、煮込み時間によって水気の多いシーレー・イェーレー、水気が無くなるまで煮込んだシービャン(スィービャン)の2つに大別される。
出典: 「副菜」ビルマ料理-Wikipediaより

ヒンの主な種類
牛肉のカレー「アメーターヒン」、鶏肉のカレー「チェッターヒン」、魚のカレー「ガーヒン」、豚肉のカレー「ウェッターヒン」、羊肉のカレー「セイッターヒン」など

3. モヒンガー(Mohingar)

Photo credit: 明天会 比今天 更好「Airbnb 初挑戦☆ ミャンマー日帰り!?の旅」

Photo credit: 明天会 比今天 更好「Airbnb 初挑戦☆ ミャンマー日帰り!?の旅」

主にナマズなどの魚からダシをとったスープで食べる麺料理です。ミャンマーで最もポピュラーな定番料理で、屋台や食堂など、どの店にも置いてあるミャンマーの国民食です。麺は細い米麺を使用しています。
少し生臭さがあるので、好みは分かれますが、ミャンマーを訪れたなら、是非このモヒンガーにトライしてもらいたいです。
スーパーなどでは、モヒンガーの即席麺もあるので、お土産にもいいかもしれませんね。

4. アチョ

Photo credit: Haruna Nss「秘境のミャンマー タウンジー編 地元民になっちゃおう!」

Photo credit: Haruna Nss「秘境のミャンマー タウンジー編 地元民になっちゃおう!」

アチョは揚げ物のことを指します。「○○チョ」と言えば、「食材を揚げたもの」という意味になります。
ミャンマーでは揚げ物がとても人気で、ミャンマーの人は毎食揚げ物を食べていると言っても過言ではないほど。スナック菓子感覚でエビ、バナナ、豆などのアチョを食べます。
確かに油っこいものはおいしいけど、食べすぎには気を付けて! 

5. シャン・カウスエ(Shan khao swé)

Photo credit: butforthesky.com via flickr cc

Photo credit: butforthesky.com via flickr cc

ミャンマーのシャン地方は料理がおいしいとして有名な地方。シャン・カウスエは、そんなシャン地方の名物料理です。
口当たりがよく、優しい味の米麺を使用した麺料理で、ミャンマーに住む人々の朝ごはんとして食べられることも多く、他にも胃腸の調子が悪い時や、食欲がない時などにも食べられています。
シャン地方で食べられるものと、ビルマ全土で食べられる麺とは全然違い、シャン地方のものは粘り気があり、それ以外の場所では、もっちりとした食感の麺になっていて、ビルマで人気の高い料理です。

6. オンノカウスエ(Ohn no khao swè)

Photo credit: sstrieu via flickr cc

Photo credit: sstrieu via flickr cc

ココナッツミルクのことを指す「オンノ」。そんなオンノカウスエとは、魚醤で味付けしたココナッツミルクベースのスープをつけて食べる麺料理のことを言います。ミャンマーの麺は米麺なので、モチモチとした食感で、程よいコシを持ちつつもするすると食べれてしまいます。
オンノカウスエは、そこにココナッツミルクのほんのりとした甘さとまろやかさが加わり、日本ではあまり馴染みのない独特な味なので、是非ミャンマーを訪れた際は食べてみて下さい。女子ウケする味ですよ。

7. マンダレー・ミーシャイ

Photo credit: butforthesky.com via flickr cc
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。