体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画あり】AGF担当者が困り顔?記者独占取材!キャンペーン『ちょっと贅沢なバランスソファ』

01IMG_8256_R

味の素ゼネラルフーヅ(以下AGF)が、同社のコーヒーブランド〈マキシム・ちょっと贅沢な珈琲店〉のプロモーションの一環として、“いい夫婦が座るとバランスが崩れない”という「ちょっと贅沢なバランスソファ」などが当たるキャンペーンを、11月12日からスタートしている。
この2人がけの面白そうなソファの実物を、記者が独占取材させてもらったのだが…。
説明のために同席したAGF担当者の顔色がすぐれない、というよりも困り顔。いったい何があったのだろうか。

02IMG_8186_R

まずは、このソファのことを説明しておく。プレスリリースより抜粋すると、おおむね次のとおりである。

AGFの特設キャンペーンサイトから応募すると、抽選で1名様に、“いい夫婦の秘訣は支えあい”をコンセプトに職人がゼロから手作りした「ちょっと贅沢なバランスソファ」が当たります。この「ちょっと贅沢なバランスソファ」は、2015年11月10日(火)に行われた「パートナー・オブ・ザ・イヤー 2015 授賞式」で、藤井隆さん・乙葉さん夫妻、馳浩さん・高見恭子さん夫妻も着席したソファと同じく、世界に1台しかない、あなたのためにオーダーメイドで制作する貴重なソファです。

では、この記事のために女性が独占レポートするので4K動画でご覧いただく。

■AGF「ちょっと贅沢なバランスソファ」
https://youtu.be/A4fgdie4Xhk

レポートでも触れられていたが、この重厚感のある木材は「ミズナラ」。ブナ科の広葉樹で、素材としての利用は高級家具や建材、熟成用の「たる」にも使用されている。
ソファ部分の素材はゴム、ウレタン、綿の三層構造で記者が確認したところによると、確かに目が細かいので座面がすれてすぐに破れてしまう恐れはなさそうだ。また、スプリングではなくウレタンを使用しているのでホールド感は高く、揺れていても転げ落ちることはない。

03IMG_8191_R

木材の組み方は「ほぞ組」という木材の継ぎ方の技法で、クギやネジを使うといずれ緩んで外れるが、逆に木材を巧妙に加工して組み合わせたものは緩まない。それだけ長く持たせることができるわけで、高級家具には必ずと言っていいほど使われる伝統的な技法だ。
素材も技法も相当高くつく逸品と見た。世代を超えて長く使用できると言っても過言ではないだろう。

04IMG_8192_R

ところで、困り顔のAGF担当者。このブランドを担当する矢島琴恵さん。いったい何を困っているのだろうか。話を聞いてみた。

--このチェアはすごいですね。相当持ちそうですが?

「そうなんです。100年は持つように設計されています」

--いい夫婦向けということでしたが、その心はなんですか?

「〈マキシム・ちょっと贅沢な珈琲店〉はレギュラーコーヒーからインスタントまで幅広くラインナップされていますが、ちょっとぜい沢なだけで、決して超高級というわけではありません。普段飲みとして選んでいただきたいのですが、ほんの少し高いだけです。そんなちょっとぜい沢を夫婦で楽しんでいただきたい、コーヒーをきっかけにちょっとぜい沢な時間を夫婦で持っていただきたいという願いで「パートナー・オブ・ザ・イヤー 2015」と「いい夫婦 川柳コンテスト2015」に特別協賛しています」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy