体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長期滞在にもってこい!チェコの物価情報

Photo credit: Keisuke Asami「チェコ」

Photo credit: Keisuke Asami「チェコ」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
日本との時差が8時間(サマータイム実施中は7時間)の距離にある、チェコ。
物価が安いことで有名なだけでなく、東欧を代表する国の1つです。
現在、日本とチェコを結ぶ直行便はなく、最低1度は周辺の都市で乗り換える必要があります。
ウィーン、フランクフルト、ミュンヘン、アムステルダムなどの都市で乗り継げば、その日のうちに首都のプラハに到着することができるので、周遊にもおすすめの国です。
今日は、意外と知られていないチェコの物価について紹介していきたいと思います。

ヨーロッパの中でも安い物価のチェコ

チェコ(プラハ)は近年物価が上昇していると言われているものの、北欧の物価と比べると約3分の1程度です。特に、ビールとパンが安いことで有名です。
レストランやおみやげは、日本と同じくらいの値段ですが、スーパーでの買い物は日本よりもずっと安いので、観光としてだけでなく長期滞在にも向いています。

通貨

チェコの通貨単位はコルナ(Kč)。
正式には同じ呼び名のスロバキアと区別するために、チェココルナと表記します。

紙幣は6種類

Photo credit: ThecentreCZ (Scanned banknotes) [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit:ThecentreCZ (Scanned banknotes) [Public domain],via Wikimedia Commons

100Kč、200Kč、500Kč、1000Kč、2000Kč、5000Kč

硬貨は6種類

Photo credit: Da Sal via flickr cc

Photo credit: Da Sal via flickr cc

1Kč、2Kč、5Kč、10Kč、20Kč、50Kč
補助単位はハレージュ(haler)、100ハレージュが1チェココルナです。
観光地では、ユーロ紙幣も使えます。

チェコの両替事情

クレジットカード
チェコではクレジットカードが普及しているため、大きなホテルやレストラン、観光地の各種サービスや店舗などでは、世界ブランドのVISAやマスターカードなどのクレジットカードでの支払いが可能です。
店頭にカード取り扱いのマークやシールが貼ってあっても、使えないこともあるので事前の確認が重要です。

ATM
国際キャッシュカードがあれば、日本円を現地通貨で引き出すことが可能です。
Cirrus(シーラス)やPLUS(プラス)のマークが付いたATMで使用することができ、町に設置されています。カードの種類や利用するATMによって、手数料が別途かかります。

両替
両替は、銀行や観光案内所、両替所、ホテルなどで可能です。また、大きな駅やバスターミナル、空港でも両替することができます。比較的レートが良いのは銀行です。
次におすすめなのは観光案内所で、手数料は5〜10%です。観光局PISや旅行会社チェドック本店でも両替が可能です。空港はレートがあまり良くないので多額の両替はおすすめできません。
ホテルでも両替することができますが、銀行よりレートが少し悪くなります。手数料はホテルによって異なりますが5〜10%です。

空港での両替方法
羽田空港、成田空港、関西空港などの主要な空港では、外貨両替専門店「Travelex」で両替を行なう事が出来ます。レートがよくないため、現地での両替をおすすめします。
ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港(旧名ルズィニェ国際空港)「Travelex」でも両替が可能です。

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。