体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Taiko Super Kicks、全編アニメーション「メニイシェイプス」MV公開 1stアルバム収録曲

Taiko Super Kicks、全編アニメーション「メニイシェイプス」MV公開 1stアルバム収録曲

Taiko Super Kicksが楽曲「メニイシェイプス」のミュージック・ビデオをYouTube上にて公開した。同曲は、彼らが先日リリースした1stアルバム『Many Shapes』の表題曲。

「メニイシェイプス」のビデオは全編アニメーションで作られており、ソーシキ博士が制作を手がけた。なお同作は彼らにとって初のMVとなっている。

またアルバム発売に伴い、Taiko Super Kicksと関わりの深い、oono yuuki、nakayaan(ミツメ)、花枝明(nohtenkigengo)、麓健一などがコメントを寄せている。さらにレコ発ツアーの開催も決定しており、ツアー・ファイナルは3月10日(木)に渋谷WWWにて、井手健介と母船を迎えて行われる。これらの情報もあわせてチェックしてみよう。(鶯巣大介)

Taiko Super Kicks / メニイシェイプス

https://youtu.be/Ywr3MxCsOoE

・Taiko Super Kicks オフィシャル・サイト
http://taikosuperkicks.tumblr.com

・Taiko Super Kicksの作品はOTOTOYにて配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/124915

・コメント

■ehara mei / may.e

彼らとは長い付き合いで、ヴォーカリストである伊藤君から、この「Many Shapes」という単語や同義のイメージを長く聞かされていました。 その名の通りこのアルバムは、数え切れないほどの形が存在するその中から選び抜かれた、Taiko Super Kicksなりのパッケージということになります。 前作「霊感」の段階でも、そのイメージをまとめ上げるための研究がなされていたのもよく知っています。 このアルバムはようやくそれをまとめることに成功したということなんでしょうか? わたしはそうは思いません。なんでも必要なものが全て納まっていたためしはありませんから、きっとこれは永遠のテーマなんでしょう。 1stアルバムとしてこのテーマが披露されたことを、わたしはとても嬉しく思いました。なんせとても難しいテーマです。 アルバムを何度も聴いていました。歌詞はいつも文学的で面白く、伊藤君は日常の日常さを切り抜くのが上手です。楽曲は内容からその研究過程が垣間見えてきます。 同年代であるからこそ共感できるポイントが、とても無意識的に散りばめられていて、どことなく懐かしくもあります。 そういえば、「何もない」ことや「けだるい」こと、「ありきたり」であるとういことも、「Many Shapes」と同じような気がしませんか。 物足りなさやありきたりさでいっぱいの私たち人の生活に馴染んでくる、共感の心地よいアルバムだなと思っています。

■oono yuuki

部屋で、外で、何度も聴きました。「別れ」という曲が特に好きで、大好きな『レポマン』という映画のエンディングを思い出しました。声もギターもベースもドラムもとても気持ち良く響いていて、最高です。

■nakayaan(ミツメ)

タイコの曲はのろいのでまず寝る。そしてハッとする。 丁寧に選んだ音によるアンサンブルの上に、音響的な細かいアプローチが随所にみられる、ということに。(例えば、「メニイシェイプス」の2番に入る前のGtで左から右に効果的にパンがふられる等) また、歪みのドライさが、ハイファイとローファイの間をいくような塩梅で緻密に仕上げられている、ということに。 また、8曲目の「ラフ」のテンポ感や音数、素っ頓狂なカウベルが最高に気持ちがいい、ということに。 また、アキサトくんのvocalは地声でとても高い、ということに。 なんだか雑になってきたが、彼らの音を聴いていると、浮遊感は細部に宿るということを実感できる。 初のフルアルバムリリースおめでとうございます。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。