体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Hilcrhyme、クリスマスライヴで3,000人のファンと大合唱

Hilcrhymeが12月23 日(水)、東京・豊洲PITにて『Hilcrhyme Christmas LIVE 2015 ユキノフルマチ』と題した、2015年最後となるワンマン公演を開催した。

12月23日@東京・豊洲PIT (okmusic UP's)

8月に大阪城野外音楽堂で行なった『Hilcrhyme LIVE 2015 「白昼夜 at 大阪城野外音楽堂」』以来のワンマンとなる本公演。白昼夜同様、開場時からDJ KATSUがDJプレイで観客をお出迎え。開演10分前になるとステージバックのLEDビジョンに開演までの残り時間カウントダウンされていき、それが“0″となった時にTOCが登場。シャンデリアが灯ったステージでオープニングを飾ったのは「マイクリスマスキャロル」。ブルーのライトに染まったステージにゆっくりと雪が舞い降り、その中で切々と歌い上げるTOC。《いつも聞いているこのフレーズもこの音に乗せ/自分なりに歌って聞かせよう》というリリック通り、曲中に入る「ジングルベル」で観客の大合唱を誘うなど、「Christmas LIVE」らしい幕開けとなった。

そして、DJ KATSUの操るトラックのビートが強調され、アッパーの「TOKYO CITY」へ。続く「トラヴェルマシン」では観客の高揚感を高めるようにBPMを引き上げ、場内はパーティー感全開に! TOCの“Everybody Clap Your Hands! 手を叩け!”の扇動で、3,000人のクラップが場内に響き渡った。

“師匠も走るくらい忙しい師走に、みなさん来てくれて、ありがとうございます。今日は寒かったでしょ? ごめんね。俺たちが心の底から温めてあげるね”。そんなMCの後に投下されたのは「パーソナルCOLOR」。ラップで届けられる《君だけの色を誇れ》などの言葉が、自分に対する自信だったり、自分を信じる力を与えてくれる。そのまま《君が変われば明日が変わる 明日が変われば何かが変わる》と歌う「Changes」、“これが2015年を踏まえて、Hilcrhymeの2016年の覚悟”と披露された「デタミネーション」と続き、序盤のクリスマスムードやパーティー感から一転、Hilcrhymeらしいストイックなメッセージ性溢れる楽曲のブロックに突入。

序盤がハートウォーミングな温くもりを感じさせるブロックだとすれば、このブロックはヒリヒリとしたパッションを感じさせ、ファイティングスピリッツに満ちていた。それはダンサーチームとの活動を終了し、再び2人体制となった2015年を踏まえ、2016年のHilcrhymeも戦う姿勢を崩さないという決意表明でもあるのだろう。

中盤、「Merry Christmas Mr.Lawrence」を織り交ぜたDJ KATSUのソロタイム「SKY DRIVE Christmas Ver.」で再び、場内にクリスマムードを作り出すと、切ない恋心を綴った最新シングル「言えない 言えない」をはさみ、アコースティックセットに。ステージ中央に、キーボードを奏でるDJ KATSUと、その斜向かいで椅子に座って歌うTOC。「春夏秋冬」「Your Smile」「想送歌」といったハートフルなラブソングをメドレーで聴かせ、しっとりとした、それでいて温かく穏やかな空気が観る者全てをやさしく包み込む。

その後、「ウィライキ」でディープな音像を作り上げ、「Moon Rise」で観客を踊らせ、「エール」でコール&レスポンスを響かせると、いよいよライヴは終盤戦を迎える。“今日のセットリストはクリスマス仕様なんですが、ちょっとだけ哀しい感じに終わろうかと”と披露されたのは、切ない冬曲「もうバイバイ」。そして、再びステージに雪が舞い降る中、11月にリリースしたコンセプトアルバム『春夏秋冬 〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜』のために書き下し新曲であり、「もうバイバイ」のサイドストーリーとなっている「HAKU-SAN」が2曲続けて披露され、しっとりと本編を締め括った。

少し哀しい本編のラスト2曲を終え、アンコールのステージに戻ってきたメンバー。“終わっちゃダメでしたか? 確かにね(笑)。思った以上に落ちた”との言葉のあとに披露された、今年のHilcrhymeを象徴する攻撃的な楽曲「New Era」がフロアーを熱く焚き付ける。そして、そのヴォルテージを「リサイタル」でさらに上昇させ、「大丈夫」で観客のテンションを最高潮にまで導くと、オーラスは渾身のクリスマスソングということで、オープニングを飾った「マイクリスマスキャロル」をもう一度。LEDビジョンには本日のハイライトシーンや会場の様子、開場前のファンの笑顔が写し出され、再び観客の歌う「ジングルベル」が多幸感あふれる場内いっぱいに響き渡り、最後は「Christmas LIVE」らしい終幕を迎えたのだった。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。