ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乳がん検診、超音波とマンモ 若い場合は超音波が発見率高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 厚生労働省の指針で乳がん検診は、「40才以上の女性」を対象に「2年に1回」と定められている。その項目は「問診、視診、触診およびマンモグラフィー」で、多くの地方自治体はこれに従って2年に1回、40才以上の女性に検診の案内を配布しており、市区町村内の指定された病院や健康センターなどに行けば、無料で受けられる場合が多い。定期的に検診することの重要性について、濱岡ブレストクリニックの濱岡剛院長が言う。

「30才を過ぎたら1年に1回くらいの頻度で検診を受けることができるといいですね。乳房の乳がんの生存率は高く、10年で80%程度です。早期で見つかればそれだけ生存率は高くなります」

 乳がん検診には、医師が目で見る視診、触れて確認する触診のほかに、マンモグラフィーと超音波検査の2種類がある。自治体検診では、マンモグラフィーか超音波か片方のみ受診の場合が多いが、いったいどちらを受ければいいのだろうか?

「年齢が若ければ、超音波のほうが発見率が高いといわれています。それは、若い人の乳腺の組織はボリュームがあるため、マンモグラフィーで1枚の板に挟んで撮影すると、小さな乳がんも乳腺もどちらも白く写り、見落とされてしまうことがあるからです。高齢になると、乳腺のボリュームが少なくなるので、マンモグラフィーでも発見可能となることが多いです」

 それぞれ、メリットやデメリットがあるが、理想は「W受診」だ。

「ひとくちに乳がんといっても、しこりで発見されるタイプ、石灰化を伴うタイプなどさまざまあります。念のため、両方、もしくは1年に1回ずつ交互に受けるのが良いですね。どちらかを選ぶとすれば30代から50代は超音波中心に、40代以降はマンモグラフィー中心でもよいでしょう」(濱岡院長)

 最近注目されているのが「3Dマンモグラフィー」という検査方法だ。通常のマンモグラフィーに比べ、異なる角度から1mm単位で複数の撮影を行うことができる。

 そのぶん料金も高く、通常のマンモグラフィーが5000円前後で受けられるのに比べて2万円程度かかるが、従来のマンモグラフィーより痛みが少なく、より詳細な検査ができるメリットがある。

 導入されている施設はまだ少なく、全国で10か所程度だが“念には念を”という人にはおすすめの検査方法だろう。しかし、“念には念を”入れても、病魔からは逃れられないことがある。

 乳がんに罹患した北斗晶も、1年に1回は検診を受けていたにもかかわらず、見つかったとき、その腫瘍は決して小さくはなかった。重要になるのが、日々のセルフチェックだ。

「1年に1回、検診を受けていれば1cm未満の早期で見つかることがほとんどですが、稀に1年の間に急激に大きくなってしまうこともある。手で直接触ってみて、検診では大丈夫だったけど、何かしこりが触れる、鏡の前で立ったときに乳頭の位置が左右非対称、乳房の皮膚がへこんでいる部分があるなど、いつもと違うと感じたら、病院で受診してください」(濱岡院長)

 検診で異常が見つかると、針を乳房に刺して細胞を吸引する細胞診や組織診などの検査をする。“たぶん大丈夫“ではなく、何か少しでも違和感を覚えたら、すぐに病院に行こう。

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ピンクリボン運動始めた医師 検診受けやすい環境作りも行う
乳がん検診 マンモグラフィーより超音波が検出率高いと医師
日本の乳がん検診率は30%程度と低く最新機器の導入が遅れる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。