体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジンベエザメやアザラシの濃厚ラブレター 大阪・海遊館がプレゼント

人が近づくと「ニッコリ」笑顔で近寄ってくる、大阪・海遊館の「ほほえみのアザラシ」ことワモンアザラシのアラレちゃんを以前、当編集部で紹介したことがあります。

その海遊館が12月24日まで、人気生物たちのキスマーク付きラブレタープレゼントキャンペーンを行っています。何それ!すごい気になりますよね。
そこで、プレゼント発送はまだ先になっていますが、編集部では今回先方広報さんを拝みに拝みたおして、締め切り24日ギリギリに実際のラブレターを3種入手しましたよ!

【関連:見た人も笑顔になる微笑みのアザラシ 大阪・海遊館のアラレちゃん】

ジンベエザメさんのラブレター

■奥ゆかしすぎるアラレちゃんの濃厚ラブレター

アラレちゃんといえば、ほほえみのアザラシとして知られていますが、以前取材した時の話によると、「人好きだけどちょっと警戒心が強い」と広報の方は仰っていました。

しかし今回いただいたラブレターはどうしたことでしょう。綺麗なペン字で時節の挨拶から入りつつも、その奥に秘められたパッションがあふれんばかりに記されています。

ワモンアザラシ

例えばこの一文。「あなたを恋い慕う私の気持ちは深くなっていきます。<中略>海遊館の新体感エリアで会いたいの。2人でずっと見つめ合っていられるから。」

くーーーーーーーーーーーー。今すぐ何もかもをなげうって、海遊館の君のもとへ飛んでゆきたひ。おもわずそんな一言を叫びたくなる奥ゆかしさ。添えられたピンクの可愛らしい唇におもわず……(以下自重)

ちなみに今回のキスマーク採取では、水が着くと色の変わる特殊な紙を用いて生き物たちから採取し、文章については広報の方達が各生き物の性格を考慮して想像して代筆しているそうです。すごい手が込んでる!

アラレちゃんからのラブレター

■イワシさんのJK風ラブレター

手書きの可愛らしい丸文字で、「スキスキスキスキスキスキ」の文字がひたすら並んでいます。かわいらしい……。沢山ならんだキスマークが一層かわいらしさを演出しています。なんだろう、このキューンとくる少し甘酸っぱい感じのラブレター。

ひたすらスキの文字が並ぶラブレター

人間なら17歳とかそのあたりの女子高生のラブレターに似ているような。いや、貰ったことはありませんがあくまで想像で。

しかも締めくくりに「海遊館でいま、イルミネーションやってるらしいです。でも、キラキラするのは私たちだって負けないからね!」という一言がまたいじらしや。写真まで添えられており、まるで遠距離恋愛中の恋人に送ったような内容になっています。

イワシ……まっててくれ、必ず行くからなー。 たまに食卓に乗る分はスルーして、海遊館まで会いに行きたくなりました。

fromイワシ

■ジンベエザメちゃんのあざとくも重すぎるラブレター

これまで奥ゆかしくも情熱的なラブレターに、若々しくいじらしいラブレターと2通おとどけしてきましたが、最後を締めくくるジンベエザメからのラブレターは、色んな意味で重いです!!

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。