ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rihwa、シングル「明日はきっといい日になる」カバーを高橋優自身がプロデュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Rihwa、シングル「明日はきっといい日になる」カバーを高橋優自身がプロデュース

ダイハツのキャスト スタイルCMソングとして9月より全国でCMオンエアが始まっている高橋優「明日はきっといい日になる」のカバーを2016年1月1日にリリースするRihwaの楽曲プロデュースを、高橋優が手がけた事が発表された。高橋優自身が他アーティストの楽曲を全面プロデュースするのは初。

CMオンエアが始まって以降今楽曲への反響が大きく、この度2016年1月1日にRihwaのシングルとしてリリースが決定。フルバージョンを制作する際に高橋優を大尊敬しているRihwaからオファーをし、今回のプロデュースが実現した。そのレコーディング映像をRihwa Official YOUTUBE CHANNELにて公開中。

またミュージックビデオには、Rihwaと同じ北海道出身であるモデルの八木アリサが出演。カントリーの世界観を体現した美しく前向きになれる映像が完成した。GYAO!にてフルサイズ公開中。

また今作のリリースを記念して全国9カ所にて「Rihwa’s TOUR 2016 “TODAY MAKES TOMORROW”」の開催も決定している。

プロデュースを手がけて
高橋優コメント

インディーズ時代に同じ札幌での路上ライブをお互い経験していたので、その当時の無邪気ではっちゃけていた姿を見たいなと思ってました。最初はバラードシンガーの顔を出していたのですが、唄っていくうちに全く違った元気なRihwaちゃんの色が強く出てきたので、個人的にはそこに手応えと楽しさを感じました。僕の発信する「明日はきっといい日になる」というメッセージとはまた色合いというか響き方が違う言葉となって届くのではないかと思い、とても楽しみです。

高橋優プロデュースについて
Rihwaコメント

‘Rihwa’を優さんにプロデュースしてもらったらどんな曲になるんだろう!という想像もつかないけど、最高になることは間違いない、という確信で胸はいっぱいでした。ひとつひとつの工程を経て感じたのは、優さんプロデュースはとにかく楽しい!!!!予想外に何倍にもなって返ってきたり、時には期待を裏切ったりして、どの場面でもいつもワクワクさせてくれました。そして何度も感動して泣きそうになりました。音楽との向き合い方、人との向き合い方を学びました。優さんにプロデュースして頂いて面白かったのは、高橋優っぽくなったのではなく、よりRihwaっぽくなったことです!
それは是非、歌声を聴いて感じてもらいたい部分です。アレンジはカントリーテイストになっていて、どこを取ってもRihwaらしさが惜しみなく表現された曲になりました。優さん、本当にありがとうございます!!!!

ミュージックビデオについて
Rihwaコメント

最高傑作です。どこを取っても美しい映像だし、Rihwaの世界観を説明するのには、これを観せればいいと言うほどの名刺代わりの作品になりました。
同じ北海道出身の八木アリサちゃんに出演してもらっていて’彼女の表現力と生まれ持った抜群の透明感がこのMVを一層輝かせてくれたと思います。10代のカップル役のアロハくんとアリスちゃんも寒い中キュートな演技を頑張ってくれたし、少年役のオースティンくんもピュアブロンドをなびかせて、現場のみんなを笑顔にしてくれました!
監督、カメラマン、フラワーアレンジ、ヘアメイク、衣装、照明、プロップ、ディレクター、すべてのスタッフの皆さんが惚れ惚れするワークをしてくれました。渾身のMVを、とくとご覧あれ〜!

Rihwa「明日はきっといい日になる」レコーディング映像

Rihwa「明日はきっといい日になる」ミュージック・ビデオ
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00139/v09629/v0961300000000539132/

リリース情報

シングル「明日はきっといい日になる」
2016年1月1日発売
TFCC-89579 1,111円+税

ダイハツ「キャスト スタイル」スペシャルサイト
http://daihatsu-port.jp/cp/cast

関連リンク

Rihwa Official Site:http://www.rihwa.net/
Rihwa Official YouTube Channelhttps://www.youtube.com/user/rihwajp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。