ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

德永英明「VOCALIST 6」を携えた全国ツアーより東京公演の模様がWOWOWで放送決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

徳永英明が、2015年1月にリリースした「VOCALIST 6」を携え、6月から半年間にわたって展開された全国ツアーから、11月15日に東京国際フォーラム・ホールAで行なわれた公演の模様が、2016年1月3日にWOWOWで放送される。

「VOCALIST」は2005年からスタートし、累計で約600万枚を売り上げた徳永英明の大ヒットシリーズ。女性ボーカルの名曲をカバーするこのシリーズを、最新アルバムをもって一旦封印すると宣言していた徳永。毎回コンサートツアーは満員御礼だが、節目というべき今回のツアーも全43公演ソールドアウトを記録。国民的な人気を博したシリーズの集大成ともいうべき、カバー曲と自身の代表曲を厳選した渾身のステージとなった。

「VOCALIST 6」からは、徳永によって新たな命を吹き込まれた名曲を披露。「春なのに」は切ない恋心を繊細に、「スローモーション」は恋の始まりを柔らかく歌い上げる。ジャジーなアレンジの「やさしい悪魔」では軽やかにスイングし、観客を魅了する。「昭和歌謡のスターになった気分」と嬉しそうな表情を見せた「VOCALIST VINTAGE」収録曲は、華やかな趣向が楽しい。ドラマチックな歌唱の「人形の家」、ロックアレンジで力強く歌う「恋の季節」には大きな歓声が沸いた。

シリーズ第1弾となった「時代」、「ハナミズキ」といった永遠のマスターピースも出色だ。透明感あふれる歌声でメッセージをやさしく届けていく徳永。原曲へのリスペクトに貫かれた歌唱は心を洗い流すかのようで、聴く者に深い感動と余韻を与えていった。

シンガーソングライターとしての才能を実感させる自身の代表曲も圧巻。「壊れかけのRadio」「輝きながら…」など、時代を超えて愛される名曲を変わらぬ瑞々しさで聴かせ、伸びやかでハリのあるハイトーンヴォイスは揺るぎない存在感を放つ。さらに、アップチューンやバラードなど、コンサートでおなじみの楽曲を熱唱し、ときに解き放つようなスケール感で会場を大いに盛り上げた。

「歌を通してみなさんを元気づけていけたらと思っている」と真摯な思いを語り、感謝の気持ちを込めた「さよならの向う側」をファンに捧げた徳永。2016年はデビュー30周年を迎え、「息の長い歌手でありたい」という決意を胸に、新たなステップを踏み出す。心癒す唯一無二の歌声を持つ真の”VOCALIST”、徳永英明の魅力を凝縮したステージとなった。

番組情報
徳永英明コンサートツアー 2015 VOCALIST & SONGS 3
2016年1月3日(日)夜9:00 WOWOWライブにて放送
収録日:2015年11月15日
収録場所:東京 東京国際フォーラム ホールA
番組サイト:http://www.wowow.co.jp/music/tokunaga/

関連リンク

徳永英明 オフィシャルサイト:http://www.tokunagaandtonys.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP