体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【殻に閉じこもらずバカになれ!】「Red Bull Can You Make It?」前大会出場チームがその奇想天外な冒険を語った・・・

先日Red Bull主催の「Red Bull Can You Make It?」について【出場者募集開始!】レッドブルで物々交換をしながらヨーロッパを旅しよう!にてご紹介させて頂きました。

今日は前回のイベントに唯一の日本代表として参加したチーム「Midnight Sushi」の松波健斗さん・熊澤陸さんにお話を伺ってきましたので、【挑戦者募集中!】いま話題の「Red Bull Can You Make It ?」、前大会の日本代表チームに話を聞いてきました!の続編ということで、実際にどのような旅をしたのかをその一部始終をご紹介致します。
 

Red Bull Can You Make It?とは

その前に、そもそも「Red Bull Can You Make It?」って何?という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明すると・・・

世界中から集まった495人の学生(1チーム3名で構成)がヨーロッパのいくつかの都市から同時にスタートし、ヨーロッパ諸国に設置されたチェックポイントを通過しながらあるゴール地点まで8日間かけて行くというものです。

しかし、この旅で持ち運べるのは最低限の持ち物と「レッドブル」のみ!

レッドブル・エナジードリンクを通貨として、8日間過ごしていく中で発生する、食事、宿泊、移動の全てをレッドブルと交換していきながらゴールを目指すエキサイティングアドベンチャーなのです。
「Red Bull Can You Make It?」についてもう少し詳しくみる
❐【出場者募集開始!】レッドブルで物々交換をしながらヨーロッパを旅しよう!

redbull_btn01-678x108

【エピソード】
1. 冒険の始まりの地「オーストリアの首都ウィーン」
2. 8日間の冒険の始まり。最初の物々交換は・・・
3. 好スタートは最初だけ?トラブルの連続!
4. 残り2日で奇跡が起こり、ゴール地点のベルリンへ
5. 8日間の冒険の終わり。ベルリンに到着
6. Red Bull Can You Make It?に出場して学んだこと、感じたこと
7. これから挑戦する皆さんにメッセージ

 

1. 冒険の始まりの地「オーストリアの首都ウィーン」

IMG_20140404_115408880_HDR

冒険のスタート地点はオーストリアの首都でもあるウィーン。

前日宿泊していたホテルからバスでスタート地点であるウィーンまで移動しましたが、移動中は他のチーム含め明らかに口数が減り、緊張した空気が流れていて、僕たちも完全にその雰囲気に飲まれていましたね。

会場に着いたらスタートまでのカウントダウンが始まっていてビビっていたのを今でも覚えています。

midnight-sushi-–-start-point-(vienna)-にて

スタート地点についたら早速、自分たちの携帯と財布は封筒に入れ、封をされました。
この時点からゴールするまでこの封筒を開けたら失格になります。そして、代わりとして渡されたのが簡易的なサバイバルキット・専用の携帯、そしてレッドブル1ケースでした。

 

2. 8日間の冒険の始まり。最初の物々交換は・・・

スクリーンショット 2015-12-19 22.57.31
1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy