ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MediaTekの10コアプロセッサはベンチマークでSnapdragon 810よりも最大41%も高性能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MediaTek より近々リリースされる 10 コア CPU の新 SoC「Helio X20(MT6797)」のマルチコア処理のベンチマークテストで既存のスマートフォンを圧倒していたという情報です。ベンチマークアプリ「GeekBench」に投稿された「alps mt6797」のテスト結果によると、テストスコアはシングルコアが 2,094 点、マルチコアが 7,037 点でした。ハイエンドモデル向けの SoC としては「Snapdragon 810」が現在の主流となっています。Snapdragon 810 を搭載した Nexus 6P のスコアは、シングルコアが 1,343 点、マルチコアが 4,973 点なので、最大 41% も高いスコアを出したことになります。MT6797 は、Cortex-A72 と Cortex-A53 で 3 つのクラスタを構成したトライクラスタのプロセッサで、MediaTek の安価なプロセッサといえども Snapdragon の最新モデルに勝る性能を出すようでした。Source : GeekBench

■関連記事
Google、モバイル検索に「水準器」を追加
ASUS Japan、音声通話・LTE対応の7インチタブレット「ZenPad 7 Z370KL」を25日に発売
“マウンティング女子”への上手い切り返しを学べるAndroidゲーム「極めろ!マウンティングガール」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP