ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京板橋の「縁切榎」 全国の女性が絵馬に怨念刻むため参拝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高さ2mの小さな鳥居をくぐると、掛所に結ばれた絵馬が風に揺れている。《夫の親族がこの世から消えますように》《義母が一日も早く死にますように》《姑の心臓の手術が失敗しますように》。

 隙間なく並ぶ数百枚の絵馬に刻まれていたのは、どれも人の怨念だった。「悪縁を断ち切る」といわれる榎の古木がそびえるこの神社は、東京・板橋の『縁切榎』。江戸時代より難病回復や良縁を願う人々の信仰を集めた地が今、人の業の深さをまざまざと見せつける。

「ここ数年、参拝客が急増しています。ネットで“縁切り神社”とかって有名になっちゃったみたいで。早朝か深夜か、人目につかない時間に来て、絵馬を結んでいくんです。ほとんど女性ですね。全国から来ています。本当は良縁祈願の神社なんだけど、時代の流れかねぇ…」(近隣住人)

 現在、日本では65才以上の人口が3400万人。超高齢化社会の中で嫁姑関係に疲れ果てる女性は絶えない。

《放火殺人で62歳女性逮捕。同居の義母死亡》(11月 福島県南相馬市)
《「暴言悩んでいた」義母刺殺の61歳女性逮捕》(8月 北海道小樽市)

 新聞には、一線を越えた嫁の罪過がたびたび載る。神社に救いを求める者がいれば、抱えきれぬ憎悪を新聞で吐露する者もいる。10月末、毎日新聞の「女の気持ち」に掲載された一通の投書が話題を呼んだ。

《「また並び(同性)かい。私と違って産み分けもできないんだから」。こんな嫌みはほんのあいさつ。私は、嫁に来て34年間いじめられ通しで、義母は私をいびるのが生きがいのようだ。

 風邪を引けば嫌み。いつも自分が正しい。少しでも抵抗すれば容赦ない嫌がらせ。夫に愚痴を言うと「女房の代わりはいるが親の代わりはいない」と突き放された。つらい。耐えきれなくなった心と体は32才で壊れた。自律神経失調症。まだ治らない。

 義母が自分のせいだと思うわけもなく、「全く体が弱い」「病気は気の持ちようだ」とまた嫌み(中略)。普通ではない。狂っている。(中略)もう朝の4時。“悪魔”が動き出す》

 埼玉県熊谷市の主婦(55才)から届いた声だった。読者から共感を呼び、励ましの投書が殺到した。

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「神宮」と「大社」の違いは? 神宮は天皇を祀る神社が多い
宝くじよく当たると評判の神社 5億円ジャンボで参拝客3割増
小林よしのりが靖国神社の本質を歴史を紐解きつつ熱く語る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。