ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバマ政権の8年でアメリカは明らかに劣化と落合信彦氏実感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・落合信彦氏は先般、母校であるオルブライト大学の卒業50周年を記念したホームカミングパーティに出席するために渡米し、約2週間にわたってアメリカに滞在した。大学があるペンシルバニア州レディングのほか、ワシントンD.C.やフィラデルフィア、ボストンなどの都市も訪れたというが、2年前の訪米時と比べても大きな変貌を感じ取ったという。落合氏が指摘する変化とは。

 * * *
 それは、新しい移民が社会のあらゆるところに定着しているということだ。

 運転手、飲食店の従業員だけではなく、各都市でも超一流とされるホテルでもエチオピアやジャマイカ、メキシコといった国々からの移民ばかりがサービスマンとして働いていた。かつて訪米した時には白人がやっていた仕事が、どこもかしこも移民に置き換わっていたのだ。

 アメリカは成り立ちからして「移民の国」ではあるが、今の人口3億人あまりのうち5000万人が新しい移民であり、イリーガル(不法移民)が1200万人もいる。

 オバマは、2014年11月に移民制度改革を発表し、一定の条件を満たした不法移民の滞在や労働を認める方針を打ち出した。彼らは人件費が安いから、ホテルや飲食店などはどんどん彼らを雇用しているのだ。

 さらに、オバマは貧困層に対する救済策を拡充した。それによってアメリカは〝不法移民にもカネをバラ撒いてくれる国〟とのイメージが広がり、メキシコなどからの不法入国者が激増している。

 オバマの政策は、アメリカを酷く不健全にした。2008年の大統領選で、オバマは「アメリカの格差をなくさなければならない」「再分配して所得をできるだけ平等にしなければならない」と公約を掲げた。それを実行した結果、どうなったか。

 働けるのに働かない者にまで生活保護を与え、バラ撒きを強化し、その原資を中産階級から税金として取り上げたことにより、中産階級が没落して貧困層が増えた。一方で富める者はますます富を蓄え、上位1%の人々の富が下位90%のそれを超えるほどに格差が拡大したのである。

 そして移民だ。イリーガルまで次々に受け入れたことによって社会は不安定になった。移民からは「もっと福祉の充実を」という声があがる一方で、「仕事が奪われる」「税金が重くなる」として移民を敵視する人々が生まれた。差別的な発言も許容される空気が出てきている。

 オバマの8年間で、明らかにアメリカは劣化した。なにしろ人々の表情が暗く、エネルギーを感じない。こんなアメリカは初めてだ。何人かの友人と話しても、口から出てくるのはオバマに関する愚痴ばかり。レーガン時代とはまったく違うアメリカになってしまった。その劣化が、世界を混沌に陥れているのではないかと感じた。

※SAPIO2016年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米の低レベル高校生、殺人事件が日常の街等をリポートした本
安倍首相 オバマ氏のハンバーガー好き把握せず寿司行ったか
移民受け入れに肯定的な米国でも1150万人の不法移民問題あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。