ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来年フジ民放最下位転落と加藤綾子ら人気者流出を関係者懸念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「2016年3月には本当にビリになる」──そんな不安がフジテレビを覆っている。バラエティ路線を突っ走り、“民放の雄”をほしいままにした時代は遠い昔。11月第4週のゴールデン帯(19~22時)視聴率では、“民放のお荷物”と呼ばれ続けたテレビ東京の後塵を拝し、瞬間風速とはいえ民放最下位に転落した。

 2015年度上半期の決算では民放キー局で唯一の減収減益、開局以来初の赤字に転落。31年続いた(※注)長寿番組『ごきげんよう』、その後の昼ドラ枠を3月に打ち切りとするなどのテコ入れ策を発表した。

【※注/1984年から始まった前身番組『ライオンのいただきます』を含む】

 さらに、同局を代表するバラエティ『めちゃ×2イケてるッ!』の2時間SP(12月5日放送)が視聴率7.5%と惨敗すると、「3月打ち切り説」が報じられた。フジ編成関係者は、「10月に20周年を迎えるので、それまでは続けるだろう」と否定するが、危機には変わりない。フジ中堅社員が諦め顔で語る。

「バラエティ番組をリストラしても、その後を埋める番組がコケればジリ貧になる。4月に大改編しても、前回の二の舞になれば、それこそ“テレ東の下”に落ち込んでしまう」

“前回”とは、2015年3月に昼の番組を刷新しスタートさせた情報番組『直撃LIVEグッディ!』のことだ。今も視聴率は1%台を連発する超低空飛行。「春の改編は鬼門」(同前)と囁かれる所以だ。

 そんな逆風を打開すべく検討されているのが、3月に終了する『ごきげんよう』の後継の情報番組に、カトパンこと加藤綾子アナ(30)をキャスターに起用する計画だというが……。

「同じパターンで失敗した『グッディ!』を目の当たりにしているだけに、カトパンは難色を示すだろう。それどころか、2015年7月に報じられたフリー転身が再燃するきっかけになりかねない」(フジ関係者)

 この時は亀山千広社長が会見で「加藤から〈退社しません〉というメールが来た」と明かして否定した。

「この亀山発言によって、退社を延期したといわれるカトパンですが、芸能事務所との接触は続けているようです。新番組がスタートする前の3月に、亀山社長に〈お世話になりました〉というメールが届くかもしれません」(スポーツ紙芸能担当記者)

 そんな事態になれば、「カトパンと親しい椿原慶子アナ(30)、山崎夕貴アナ(28)、三田友梨佳アナ(28)ら人気アナも、後を追うように退社しかねない」(フジ関係者)との不安がよぎる。

 バラエティ不振に続いて、人気女子アナたちから“三行半”を突きつけられれば、いよいよ深刻な危機を迎える。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「さんまの覚えめでたい女子アナが大成」説 今年はカトパン
フジ・宮澤智アナ スタッフ受け抜群で亀山社長もお気に入り
フジ 破天荒な山崎アナ、スナックに開眼三田アナに依頼殺到

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP