ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大手商社の年収格差「同期4000万円、私は1500万円」と幹部談

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 入社式で肩を並べた30数年前、同期と共に会社を背負っていく将来を夢見た。しかし時を経て、気付いたら“彼”とは残酷なまでに大きな「年収格差」が生まれていた──。

 一体いくら違うのか。特に「同期格差」が大きいといわれているのが、大手商社だ。商社の場合、出世コースのトップに立った社員は年収が大きく伸びる。

 様々な経験を必要とする商社マンは30代前半までは「トレーニング期間」とされ、ほとんど同期の給与が変わらない。ただし、商社は元々の給与水準が高く、早ければ30歳前後で年収1000万円を超えることもある(金額は一般的なケースの概数、以下同)。

 勝負は30代から。ここからは完全な実力主義となる。賃金ジャーナリストの溝上憲文氏がいう。

「住友商事は、10年目以降は年齢に関わらず能力で役職を決める制度を導入し、同期でも肩書きが違う。さらに商社は業績によってボーナスが大きく異なる。油田・天然ガス開発や鉱山開発はリスクがあるが一発当てると大きく、その部門の管理職であれば役員でなくとも数百万円のボーナスが出る」

 大手商社は50代後半で役職定年を迎える。差が開くのは、その直前の50代半ば。関係者の証言をまとめると、最大手の三菱商事で最低年収が1500万円、最高3500万円、三井物産で最低1400万円、最高2400万円、住友商事で最低1300万円、と、いずれも約2200万円ほどの幅があるとされる。

 最高にしろ最低にしろ、年収は業界内の売上高の規模に応じた順序になっているが、地殻変動も起きている。伊藤忠商事である。

 資源安・原油安を受けて同業他社が軒並み業績を落とすなか、パルプや不動産など、非資源分野に強い伊藤忠は着実に純利益を増やしている。それは社員の懐にも関係してくる。30代社員は鼻息荒い。

「社内では2016年3月期決算で三菱商事を純利益で抜いたら、全社員に高額の特別ボーナスが出ることが内々に決まっています。雰囲気も良いですよ」

 一方で、業績連動の割合の高い部長・課長クラスの年収格差は業界一ともいわれる。伊藤忠の50代中堅幹部がいう。

「業績好調な部門の部門長(部長級)の同期は年収4000万円近いと聞く。ですが、私は1500万円程度。恵まれているとは思いますが、子供も私立ですしカツカツですよ。

 この前、その同期と一緒にゴルフに行ったら、1年半前にアウディのA4を買ったばかりのくせに、もう真っ赤なベンツのCクラスに乗り換えていました」

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
商社幹部 日経1面飾る事業成功させれば40代で年収3000万円
ボーナス 40代課長は三菱商事480万、三井物産400万円代後半
平均年収上位はテレビが独占 5大商社はすべてトップ15入り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP