ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【革命】2016年公開スターウォーズスピンオフ作品「ローグワン」が超凄い事が判明! 50年ぶりの革命

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年12月に上映が予定されている、スターウォーズ最新作映画「ローグ・ワン: ア・スターウォーズ・ストーリー」。デススター設計図を入手するストーリーで、過去のエピソード3と4の間のストーリーとなる。

・近年まれに見る非常に珍しい作品
スターウォーズのスピンオフ作品として公開が待たれているが、実はこの作品、近年まれに見る非常に珍しい作品に仕上がると言われているのだ。どうしてそう言われているのか? その秘密はレンズにある。

・上と下に大きな余白が生まれる
なんと、ウルトラパナビジョン70アナモフィックレンズを使用するのである。よくわからない人のために簡単に説明すると、このレンズで撮影された作品は、非常に横幅が広い映像となり、通常の映画館で映すと、上と下に大きな余白が生まれる。

・50年以上眠り続けていたレンズ
しかもウルトラパナビジョン70アナモフィックレンズを使用してとられた映画は極めて少なく、1966年に上映された映画「カーツーム」(Khartoum)を最後に、このレンズは50年以上眠り続けていた。

・ザ ヘイトフル エイト
2015年にクエンティン・タランティーノ監督が「ザ・ヘイトフル・エイト」(The Hateful Eight)でこのレンズを50年ぶりに使用し、今回の「ローグ・ワン: ア・スターウォーズ・ストーリー」にも使われることになったのだ。

・横長は横長でも凄まじい画格の広さ
よく勘違いされるのは、「そんな古いレンズで撮ったら画質が悪そう」「横長すぎて観にくそう」という点。レンズは年代モノだが、使用するカメラは長最先端技術の集大成とも言えるカメラ「Alexa65」を使用。6K解像度なので、バツグンに美麗で高精細な映像に仕上がる。また、横長は横長でも凄まじい画格の広さで、窮屈さを一切感じないどころか、むしろ広ささえ体感できる。

・スピード感と臨場感を強く感じさせる作品に!!
「ローグ・ワン: ア・スターウォーズ・ストーリー」は、数多くの戦闘機が登場する予定だ。ウルトラパナビジョン70アナモフィックレンズで撮影されたからこそ、そのスピード感と臨場感を強く感じさせる作品に仕上がるかもしれない。

・その幅の広さを動画で確認可能
ちなみに以下の動画は、ウルトラパナビジョン70アナモフィックレンズで撮影された、クエンティン・タランティーノ監督の映画「ザ・ヘイトフル・エイト」である。

https://youtu.be/gnRbXn4-Yis

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/24/star-wars-ultra-panavision-70/

Via: STAR WARS

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP