ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

シャープの米AT&T向けAndroidスマートフォン「Sharp FX Plus」が見つかる、スライドキーボードを搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

未発表の「SHARP FX PLUS」というスライドキーボードを搭載した端末の画像が米Walmartのパンフレットに掲載されていたそうです。端末のデザイン等は6月上旬にBlueooth SIGの認証情報で確認された「ADS1(”Capa”、FCC ID:APYNAR0074)」と同じようです。ディスプレイ下部にAT&Tのロゴがみられることから、米AT&Tに投入される端末と思われます。以前の情報などから「ADS1」はAndroid 2.2(Froyo)を搭載した米AT&T向けのスマートフォンで、3.2インチ(解像度480×320ピクセル、HVGA)サイズのタッチスクリーン、Qualcom 600MHz CPU、背面に300万画素のカメラを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDR、GSM/WCDMAに対応すると伝えられていました。Source : Engadget  


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、欧州版XOOM向けAndroid 3.1(Honeycomb)へのアップデートを8月上旬に配信予定と発表
Huawei製「007HW」がBluetooth認証通過
Motorola XOOM(MZ600)のLTEモジュール追加は9月より実施

カテゴリー : エンタメ タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。