ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブレッドジャーナリストが選ぶ! おいしすぎて毎日食べたい絶品バゲット3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンプルだからこそ職人の腕が光る絶品バゲットをご紹介

ふんわり柔らかな食パン、バターの香り芳しいデニッシュ、フルーツが宝石のように輝くヴィエノワズリ……想像するだけで、わたしたちの心をときめかせてくれるおいしいパンたち

おいしいパン屋さんは数多くありますが、その中でも選りすぐりのお店が知りたい!

 

そこで、総合情報サイト「All About」や自身のブログ「Bread Journal」などで、15年間毎日パンに関する情報を執筆・発信している“ブレッドジャーナリスト”清水美穂子さんに知る人ぞ知る名店を教えてもらいました!

 

今回教えてもらったのは、本場・フランスでパンの基本とされているバゲットがおいしい3軒のお店です。バゲットは素材も製法もシンプルなため、ストレートに職人の腕前があらわれるパンだそう。ということは、いずれのお店も実力派揃いのはず! さっそくそれぞれのお店をご紹介します!

 

小麦の風味を活かした“町のパン屋さん”

西永福商店街の一角にある「PANYA Komorebi」。あたたかみのある木製のドアを開けて店内に入ると、食パン、小さな丸パン、惣菜パンなどさまざまな商品が並んでいます。こまめに通いたくなる、まさに“町のパン屋さん”といった雰囲気が魅力的。国産小麦にこだわったパンは、どれも作り手の心が伝わってくるような優しい味わいです。

 

清水さん「北海道産の小麦にほれこんだ職人、『PANYA Komorebi』の店主・齊木俊雄さんが作る『Komorebi バゲット(250円)』は十勝の『ホクシン』という小麦粉を使って、こんがりとハードに焼かれています。半分に割ると、半透明の美しい気泡膜がポコポコと形成されていて、齊木さんの職人技と自然の仕業がコラボレートした幸せな過程を物語ります。旨みたっぷりで味が濃いので、そのままでもじゅうぶんおいしいですが、この気泡にバターと蜂蜜を溜めて食べると、よりいっそうおいしくなります」

 

SHOP DATA
PANYA Komorebi
住所:東京都杉並区永福3-56-29
電話:03-6379-1351
営業時間:10:30〜19:00
定休日:月曜 ※月曜祝日の場合は火曜休

 

スタンダートから生ハム入りまで 多種多様なバゲットを味わう!

新宿マルイ本館1F、新宿通りに面している「ル・プチメック」は、京都発の人気ブーランジュリー。店内はモスグリーンを基調に、洗練された雰囲気が漂います。バゲットにクロワッサン、焼き菓子、サンドウィッチなど多種多様なパンが並ぶ様子は目にも楽しく、ついつい買いすぎてしまいそうに。新宿の中心で、京都と同じ値段のパンが気軽に買えるのもうれしいところ。

 

清水さん「48時間もの長時間発酵をとったバゲットは砂糖が入っていないのに甘く、油脂が入っていないのにカリッと香ばしく、ジュワッと旨みが染み出します。だから初めて『ル・プチメック』に行って何かひとつ買うなら断然、バゲット(260円)をおすすめします。バリッとハードなクープ(※1)が苦手なら表面がなめらかな『バゲットリュスティック(260円)』を。ワインと合わせるなら生ハム入りやオリーブ入りのバゲット、甘党ならチョコ入りや蜂蜜レモン入りがぴったりです。これら全ては基本のバゲットの仲間。『ル・プチメック』はそんなふうに、バゲット三昧できるお店です

 

※1クープ…フランスパンの外皮に入れられている切れ目のこと。バゲットは6〜7本、バタールは3〜4本と、種類によってその数が変わる。

 

SHOP DATA
ル・プチメック
住所:東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ本館1F
電話:03-5269-4831
営業時間11:00〜21:00、日祝11:00〜20:30

 

朝食に食べたい焼きたてのバゲット

都立大学駅から目黒沿いを10分ほど歩いたところにある「トシ オークー デュ パン」。鮮やかなバーミリオンオレンジのひさしが目印です。店内に並ぶのは、バゲットやパン・ド・カンパーニュなどフランスのパンを中心としたラインナップ。オーナーの川瀬さんが修業をしていたフランスの味を日本に伝えています

 

清水さん「朝6時からバゲットが買えるのが嬉しい。しかも160円という低価格。『トシ オークー デュ パン』のバゲットは気取らない日常の食べ物として作られています。しかし原材料はフランス産の小麦粉、味はバゲットの本場、パリの味。朝からこれを買っていく人たちは、ひょいと片手で持つ様子がなんだかパリの人たちみたいです。目の詰まった生地は歯切れがよく、サンドウィッチにもぴったり。発酵バターの分厚いスライスとハムを挟んだ『ジャンボンブール(460円)』はこのバゲットが最高においしく食べられる人気商品です」

 

SHOP DATA
トシ オークー デュ パン
住所:東京都目黒区中根1-20-18
電話:03-5726-9545
営業時間:6:00〜19:00
定休日:月火曜

 

※本記事では、取材時のパンの価格を税別表記で記載しています。現在の価格と異なる場合がございます。

 

監修/清水美穂子

情報サイト「All Aboutパン」や「Bread Journal」を始め、雑誌等メディアでおいしいパンとその向こう側を取材、発信中。パンを楽しむ企画のコーディネート、執筆多数。著書に 『日々のパン手帖 』(メディアファクトリー)他

ブログ『Bread Journal』http://mihokoshimizu.hatenablog.com/

関連記事リンク(外部サイト)

【帰省前にチェック】インパクト抜群! 東京駅で買える注目の手土産3選
上野ガード下で絶品馬モツを堪能!【女子一人酔いどれ放浪記】
本気でスイーツビュッフェに挑んだら○○キロカロリーだった!空腹時、閲覧注意!
【オープンに並んでみた】話題の「ドミニクアンセルベーカリー」は大行列必至!?
クリスマスに☆フライパンで<簡単&絶品>ローストチキン!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP