ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊娠7週で不意の出血。ショックで横たわるしかなかった自分を救ってくれたのは夫の存在でした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠が分かってから、すぐにつわりになりました。

体調の変化を如実に体感し、自分の体が赤ちゃんのために変化してきているんだとひしひしと感じ始めていた頃です。

朝目覚めると、体の異変に気が付きました。

立ち上がると、どっと生理の時のような出血を感じたのです。

何事かと思いました。

妊娠は7週に入ったところで、病院でもしっかりと確認してもらったばかりでした。

おりもの?と思いましたが、そんなものではないと確信している自分が居ました。

出血しているに違いない。

そう思ってトイレに駆け込むと、案の定不正出血をしていました。

量は生理の初日程度でしょうか。

血を見た瞬間に、ショックで倒れそうになりました。

赤ちゃんに何かあったらどうしよう。

不安でいっぱいになりました。

今の出血で赤ちゃんが自分の体から出て行ってしまったのではないか。

体の中で、血液が足りなくて苦しい思いをしているのではないか。

そんな思いに駆られて、どうしようもなくなりました。

仕事はしていましたが、特に重労働をしていた訳でも、ストレスが掛かっていた訳でもありませんでした。

十分に配慮をして頂いて、軽い作業を任せられていました。

日常生活でもこれと言って無理な事をした覚えはなく、本当に急な出血でした。

原因が分からないので、何がいけなかったのか、どうしたらよかったのかと考えてもなかなか答えが出ませんでした。

一刻も早く病院に行くべきだったのですが、体からは力が抜けて家から出る体力も気力もありませんでした。

できることと言えば、ベットで横になっていることくらいでした。

そうして一日が終わる頃、夕方になって主人が仕事から帰ってきました。

私は明かりも点けずに暗い寝室に横たわり、何をするでもなく目をつぶっていました。

主人が帰宅して部屋を覗くと、暗い部屋に私の姿を見つけとても驚きました。

朝からの経緯を話すと、主人は優しく話を聞いてくれました。

不安な気持ちと、ショックとが入り混じった不安定な私は、主人に話す事によって少し冷静になれた気がしました。

翌日になって、私は主人と共に病院へ向かいました。

一緒に来てくれたおかげで、随分と心強かったです。

診察の結果、赤ちゃんは無事でした。

それを聞いた瞬間は本当にホッとしました。

著者:花子

年齢:35歳

子どもの年齢:2歳

妊娠してからというもの世界の見え方が変わりました。世の中にいる子供がキラキラと輝いて見えます。子供の笑顔に励まされて忙しい毎日を乗り越えています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠中の出血と身体
動きすぎ?働きすぎ…? 妊娠初期の突然の腹痛と出血に頭が真っ白に
妊娠7週目で始まった、止まらない出血。失うかもしれないと思った時、命の大切さを知りました

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP