体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オフィスがないまま年を越します(ガジェット通信・未来検索ブラジル)

日時と場所を決めて集まり、その間は拘束されてヒマでも他のことができないというリアル会議は、顔を合わせて話せるという以外はいいところがないので、内部的にはあまり積極的ではないというのが実際のところです。

チャットを活用したリモート会議だと、移動の手間もかかりませんし、その場で記録も残ります。そしてリモート会議の最大の利点は、やろうと思えばいつでもすぐにスタートできるという点です。リアル会議だとそれができず、報告や物事の決定が先延ばしになりがちです。リアル会議で、「ほんで、前回どこまで話をしましたっけ?」というのはよくある光景ですよね。

ただ、外部の方との打合せに関しては相手に合わせる必要があるため、リアル会議室が必要です。オフィスがなくなって会議室もない場合、これで外部の方にご迷惑をかけることとなってしまいます。社外の方との打合せに関しては外部の方のオフィスの会議室を借りるか、こちらでレンタルオフィスなどを毎回準備する必要があります。

とはいえ、まったく顔を合わせないというのもよくないので、チームごとに週に1回ぐらいは顔を合わせて食事をしながら打合せしましょうかという話をしています。

……というわけで、オフィスがなくなるのを目前にしていろいろ考えつつ準備を進めているわけですが、とりあえずはうまくいくんじゃないかと思ってます。我ながらかなり楽観的ですがこれってもともとリモートワークができるようになっている強みですね。とはいえ、実際にオフィスがない状態が続くと問題点など出てくるかもしれません。ひきつづき何か発見などあればこのガジェット通信で報告します。

ガジェット通信・未来検索ブラジル オフィス最新状況

弊社の最新状況は当社ウェブサイトやお知らせページをご確認ください。
オフィスがないことに関するページ
http://getnews.jp/move
よろしくお願いいたします。

(ガジェット通信発行人・未来検索ブラジル代表 深水英一郎)
※写真は、仕事をしているガジェ通・未来検索ブラジルスタッフの日常的なスナップより

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

IMG_1079
前のページ 1 2 3
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会