ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国際結婚を経て海外で妊娠・子育て。 頼れる人がいない中、心の拠り所は見ず知らずの”日本のママたち”でした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国際結婚をして夫の国に住んでいます。

初めての妊娠から出産、子育ての現在に至るまで、日本とは違うことに戸惑ったり、また夫の実家も遠いので、夫婦二人でいろいろなことを乗り越えてきました。

幸い妊娠中も問題なく順調に進み、安産、さらに生まれてきた子どもは病気知らずで、大きなトラブルはなかったと思います。

ところが、出産以後は日本だったらな・・・と思うことがたくさん。

特に、母が近くに住んでいれば…と思うことがかなりありました。

そして日本は児童館があったり、子育てサポートが充実していると思うのですが、在住国は働くママが多いせいか特にそういったこともなく、こういう場合はどうしたらいいんだろうという時に困りました。

例えば離乳食のことです。

たいていは小児科医の指示に沿って進めていきましたが、単調になるし和食も採り入れたかったので、日本の子育て情報サイトを大いに利用しました。

離乳食に適当な食材を確認したり、レシピを探したり・・・。

おかげで、子どもの食生活は在住国食のスタイルに和食がたびたび登場し、今では大のお米好き、おしょうゆ味好きになりました。

日本の子育てサイトでいいシステムだなと思ったのが、毎月送られてくるメールです。

妊娠期間中から妊娠◯カ月のあなたへ、というように自分に合ったものが送られてくるのですが、自分の身体の状態を教えてくれたり、また産後は子どもの成長についても教えてくれて、まるで育児を見守ってくれているような感じで楽しみにしていました。

今、実はトイレトレーニング中でこちらも日本のサイトを参考にしています。

在住国でも日本と同じように王道的な方法が紹介されているのですが、なかなかその通りにはいきません。

そこで興味深く読んでいるのがいろいろなママたちの体験談です。

みなさん本当に工夫されてますよね…そしてうまくいかない時は一旦やめる、など役立つアドバイスがたくさんありました。

というわけで、何かにつけ困ったことがあれば、すぐにネットの日本の子育てサイトを参考にしています。

母にも頼れない、すぐ近くに日本人のママ友もいない、私には何よりも心強い味方です。

これからもまだまだお世話になりそうです!

著者:マルト

年齢:36歳

子どもの年齢:2歳11か月

海外在住一児の母。日本と在住国のいいとこ取りした育児ができればなぁと思っています♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「蒸れるじゃないの!おむつはやめなさい!」「この子は栄養失調だ、薬を飲ませなさい!」衝撃の中国式子育て
タイルの床、プレイマット購入禁止!どうやって赤ちゃんを遊ばせれば・・・?初めての子育て in ベルギー
フィンランド育児事情!マイナス気温でも雪が降ろうとも、赤ちゃんは外で昼寝

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP