ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パスピエ、初の武道館公演はまさに“GOKURAKU”な一日!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パスピエが12月22日(火)、初となる日本武道館単独公演「GOKURAKU」を開催した。

8,000人ものオーディエンスが待つ中、会場が暗転すると、スクリーンいっぱいの大きな三角形がカラフルに映し出された。オープニング映像に合わせたオーディエンスの手拍子に包まれながら、その大きな三角形の中から一人ずつメンバーが登場! いきなりのレーザーで日本武道館がカラフルに彩られ、「電波ジャック」からライヴはスタートした。

照明に照らされると、大胡田なつき(Vo)の赤と青の衣装がステージに良く映える。「トロイメライ」「贅沢ないいわけ」「YES/NO」と息をつく暇もないくらいのパフォーマンスに、会場は序盤とは思えないほどの熱気に包まれ、「裏の裏」ではイントロと共に大歓声、オーディエンスと大合唱をするほどの盛り上がりを見せた。

MCで成田ハネダ(Key)は“ついにこの日が来ました、本当にありがとうございます! 凄い…景色。極楽は極めて楽しいと書きます、最後まで楽しんでいってください”と挨拶し、大胡田も“今日という日が皆さんにとって極めて楽しい特別な日になりますように”と話した。

そして、まるで海の中にいるような照明の光に包まれると、「トーキョーシティ・アンダーグラウンド」で一気に幻想的な世界へ。続けて「蜘蛛の糸」では、妖艶な雰囲気の世界へ誘っていく。「名前のない鳥」では、ジャケットにもなっている大胡田が描くイラストの女の子が躍動感あふれる姿でスクリーンに映し出された。楽器陣のみで披露されたセッションタイムを終えると、ステージ上方にはお面を付けた3人の姿が。最新アルバム『娑婆ラバ』のリード曲「つくり囃子」と、同アルバム収録の「術中ハック」がアクロバットなダンサーと共に繰り広げられ、パスピエワールドは全開に!

その勢いのまま、今度はステージに登場した大きな銅鑼を大胡田が鳴らすと、続く「チャイナタウン」で異世界を生み出す。手拍子と掛け声が鳴り響くフィーバータイムから、そのまま楽曲「フィーバー」へ突入し、さらにボルテージを上げていく。「脳内戦争」では、イントロが流れた瞬間、悲鳴にも近い大歓声が起こった。

途中のMCでは、いつも小難しい言葉や独特な表現を歌詞に込めている大胡田が“胸がいっぱいで言葉が出ないです…本当にありがとうございます”とシンプルな言葉で感謝の意を伝えた。そして、ライヴは終盤へ。「シネマ」で会場がちょっと大人なパスピエ流のダンスフィールドに早変わりしたかと思えば、「MATATABISTEP」で先程までの熱が再燃。“パスピエにとって本当に大切な曲です”と紹介した「素顔」で本編を締めくくった。

再びアンコールで登場すると、“武道館ラスト行くよー!!”という大胡田の元気な掛け声で「S.S」が始まり、跳ねる、叫ぶ、の大盛り上がり! “またお会いしましょう! 今日は本当にありがとうございました”と、最後に披露された「最終電車」では、オーディエンスの手拍子や声とパスピエの楽曲とが一体となり、とても感動的な空間が生み出された。最後まで拍手が鳴りやまない中、パスピエ初の日本武道館公演はこうして終幕。日本武道館に集まった人々にとって、この日が“GOKURAKU”となったことは言うまでもないだろう。

【セットリスト】
01.電波ジャック
02.トロイメライ
03.贅沢ないいわけ
04.YES/NO
05.裏の裏
-MC-
06.トーキョーシティ・アンダーグラウンド
07.蜘蛛の糸
08.名前のない鳥
09.花
10.Session 武道館
11.つくり囃子
12.術中ハック
13.とおりゃんせ
14.チャイナタウン
15.フィーバー
16.脳内戦争
-MC-
17.手加減のない未来
18.ワールドエンド
19.シネマ
20.MATATABISTEP
21.トキノワ
22.素顔
-アンコール-
EN1.S.S
EN2.最終電車

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP