体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パラオのオススメ観光スポットとベストシーズン!

Photo credit: nori.m「Republic of Palau」

Photo credit: nori.m「Republic of Palau」

TRiPORTライターのAicuです。
今回は太平洋の楽園と言われるリゾート地、パラオの観光についてご紹介していきます。パラオの魅力はなんと言っても、真っ青に透き通った海、海、海! 美しく輝く綺麗な海と大自然を身体いっぱいに感じるための観光をするという方も多いのではないでしょうか?
パラオの人気の観光スポットと共に、パラオの魅力をお伝えしていきます!

太平洋に浮かぶ楽園の島、パラオってどんな島?

パラオの位置:パラオは南北に約640kmに渡り、200以上の島からなる国でそのうちの9つの島に人が生活しています。日本から見ると、南に約3000kmのところに位置しているため、日本とパラオの間に時差はありません。

人口:約2万人

公用語:英語とパラオ語

ベストシーズン

1年を通して温暖な気候のパラオですが、季節は乾季と雨季の2つに分かれており、基本的には乾季(11月〜5月)がベストシーズンと言えます。
ちなみに、旅行料金はゴールデンウィークを除く4〜6月が安いので、ゴールデンウィークの前後に向けて早割のチケットやホテルを予約をするのがお得。どうせ行くなら、お得に賢くスケジュールを立てたいですね!

フライト

日本〜パラオ間のフライトは、成田からデルタ航空の直行の定期便が運航されており、ユナイテッド航空からは日本各地からグアム経由の定期便が運航されています。
また、日本航空(JAL)もチャーターの直行便を成田、名古屋から運航しているのですが、こちらはチャーター便なので不定期で年間数十便程度の運航となっています。フライト時間は直行便で約4時間30分です。

パラオで盛んな観光産業とは?

パラオの観光産業はなんといっても、大自然の中のアクティビティです。周囲に広がる美しい海には多種多様の生物が生息しており、世界中のダイバーの憧れの地でもあります。
スノーケリングといったマリンアクティビティをはじめ、シーカヤックで海上散歩するツアーや、ロックアイランドを巡るツアーなど、たくさんのツアーが用意されているのでパラオを思う存分楽しむにはツアーに参加してみましょう。海だけでなく、ジャングルクルーズもありますよ。

マップ

Photo credit: Burmesedays (Own work based on the UN Map of Palau) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Burmesedays (Own work based on the UN Map of Palau) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ロックアイランド

Photo credit: 安田 咲「本物の楽園をパラオで見つけた!」
1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会