体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】

2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わったのかほんのちょっとだけ思い出させてくれます。

もちろん内容はフランスにフォーカスしたものになっていますが、日本に当てはまることも多く、「そういえば」といったものもチラホラ。当時の自分の生活と重ねてみても楽しいかもしれませんね。

01.
ハンバーガーが高級に!

2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】

今となっては数万円するバーガーがでた!なんてニュースも珍しくありません。でも、2005年といえばまだまだ認知度は低め。フォアグラなどの高級食材を使用した実験的な商品でさえ千円〜数千円という価格帯でした。

手軽さが売りのファーストフードというイメージからどんどん選択肢は拡がっていき、デートスポットとして人気が集まるオシャレな店もたくさん登場しました。ちなみに、世界には1個約20万円もするメニューも…。

02.
婚活パーティ
→マッチングアプリ

2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】

数分ごとに席替えをして大勢の異性と交流する「婚活パーティ」は、集団お見合いのような気軽さで流行しました。そして、いまはマッチングアプリでさらに気軽に出会える環境に。

男女の出会いを目的にしたサービスは昔からありますが、多くのセレブが「Tinder」を利用しているとニュースでとりあげられたことで一般的になりました。日本で使っている人も案外多いかも?

03.
タクシーはアプリで!

2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】

もちろん今でも手をあげて呼びますが、アプリをつかったサービス向上は世界中で話題になるほど大きな革新でしたよね。到着時間の確認や支払いがスマホでカンタンにできる上に、自国の言語が利用できることも大きな魅力。

04.
"ヒゲメン"の認知度アップ

2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】

CRADO(汚い)→HYPE(オシャレ)とあるとおり、日本でもヒゲをたくわえた男性の認知度はかなり上がったのではないでしょうか?好みはあれど、男らしさやファッション性の現れとしても"アリ"な風潮に。

05.
「ラテアート」が登場

2005年と2015年をイラストで比較してみた【6枚】
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy