ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第2回目 楽しすぎる!音楽を飛ばせるBluetoothオーディオレシーバとトランスミッター。2つあればBluetooth非対応機器でもBluetooth化できちゃう。

  • ガジェット通信を≫

イヤホンジャックの音ならすべてBluetoothで飛ばせます。設定も簡単です。


ひとつ前の記事では、Bluetoothオーディオレシーバの記事を書きました。第2回目は、Bluetoothオーディオトランスミッターをご紹介します。

前回おさらい。Bluetoothレシーバはこんなイメージです。

◆iPhone(Bluetooth対応)◆←<Bluetooth接続>→◆オーディオレシーバ◆←<イヤホンケーブル接続>→◆スピーカ(非Bluetooth)
これを使えば、古いアナログ接続のスピーカや、Bluetoothに対応していないヘッドフォンでも、Bluetooth接続できるのです。
さ・ら・に。。実はBluetoothオーディオトランスミッターもあるんですよ。トランスミッターは逆です。

Bluetoothトランスミッターはこんなイメージです。

◆オーディオ再生端末(非Bluetooth)◆←<イヤホンケーブル接続>→◆オーディオトランスミッター◆←<Bluetooth接続>→◆スピーカ(Bluetooth対応)
つまり、Bluetoothに対応していない音楽再生端末でも、Bluetooth対応のスピーカやイヤフォンを使えるのです。
何かわかったけど、混乱して分からなくなりますよね。Bluetoothオーディオレシーバとトランスミッターの2つを購入しておけば、いろいろ音楽をBluetoothで遊べるってわけです。

え・・やっぱり良く分からない。では実際にさわって説明しましょう。

こちらトランスミッターです。すごく小さいです。Bluetooth4.0対応です。

まず5秒以上長押しをします。ペアリングモードになります。

次にBluetooth対応スピーカの電源を入れます。

そうすると面白いことに、自動でトランスミッターとBluetooth対応スピーカが接続されます。

トランスミッターにイヤホンジャックを接続します。音楽再生端末にイヤホンジャックでトランスミッターを接続します。Bluetoothに対応していない音楽再生端末の音楽が、Bluetooth対応スピーカに飛ぶようになります。

※写真のiPhoneは、Bluetooth対応ですがアナログで接続しています。

つまりこんなことだってできちゃいます。

Bluetoothに対応していないテレビやパソコン等のイヤフォンジャックに、Bluetoothトランスミッターを接続しして、Bluetooth対応スピーカで再生できます。

イヤホンジャックの音ならすべて、Bluetoothにして飛ばせるってことです。Bluetooth対応のイヤフォンがあれば、テレビと接続することだってできます。これ何気に便利です。

テレビの音をBluetoothイヤフォンで聞くことだってできます。

ちょっと面白い機能として、Bluetooth対応のイヤフォンなら、同時に2台とペアリングできます。スピーカはできません。同じ音を2人で聞くってことができます。面白い機能です。

簡単なSPECをご紹介します。バッテリーは150mAhです。約10時間動作が可能です。重さは11gです。安いので購入しても後悔はしないでしょう。Bluetooth4.0ってほんと省電力化がすごいですね。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP