ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

思いがけない雨でも安心!ありそうでなかった”傘のシェアリング”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然の雨。傘を買うまでもないけれど、濡れるのは嫌。

そんなとき、傘があったら…。こんな思いから生まれたのが、傘のシェアリングサービス「UmbraCity」。

カナダのバンクーバーにある、ブリティッシュコロンビア大学のキャンパス内でサービスを展開している。

バンクーバーはカナダで3番目に雨が多い街で、年間161日雨の日ということも。

この街に住んでいる人にとって、突然の雨にどう対応するかは日常的な問題であり、これを解決すべくスタートしたのがUmbraCityだ。

利用方法は簡単。

まずUmbraCityのサイトか、キオスクでメンバー登録。

この際必要なのはメールアドレスと有効なクレジットカードのみ。

ここで会員カードが発行される。

次にキオスクでカードをスキャンし、傘を借りるだけ。

どこのキオスクでもシェア・返却ができ、48時間以内に返却できなかった場合、登録したクレジットカードに1日2ドルのチャージがかかるシステム。

現在2015年12月現在、キオスクはブリティッシュコロンビア大学キャンパス内に5カ所だが、来年にはバンクーバー市内にも展開する予定という。

梅雨がある日本でも、こんなサービスを始めてほしい!

UmbraCity
http://umbracity.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP