体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コラム】異次元が融合する混沌の国、摩訶不思議なマカオ

夜が更けると、眠らない街マカオが顔を出す。派手なネオンが輝き出し、昼間おとなしく影を潜めていた帝国が、蓄えていたパワーをこれでもかと放出しようと動き出す。

DSC05000

巨大なカジノとショッピングモール、そして豪華さを極めた派手なホテルが数軒そびえ立つ街中は、まさに王国のよう。開発が進むコタイ地区には、いくつもの帝国が、縄張りをはるかのごとく、我が一番と君臨している。

古びた下町の奥に見えるのは、ぎらつく巨大カジノリゾート地区

しかしすぐ側には、帝国とは真逆の雰囲気が漂うマカオが存在している。そこには洗濯物が外にかかった古びた下町が広がっている。

そのギャップに混乱する人も多いだろう。「ここは同じ世界なのか?」と。その魔物が潜んでいそうな不思議な魅力に、人々はつい、何度も足を運んでみたくなるのかもしれない。

小さな土地に別次元が融合するマカオ。混沌とする異世界が隣り合う摩訶不思議な国へようこそ。

文・写真:KANA(世界を飛び回るトラベルフォトジャーナリスト。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)
取材協力:マカオ観光局

この旅の関連旅行記

*KANA「【12月のマカオ旅はお祭りラッシュ!】国際マラソンにラテンシティパレードにフェスティバル!

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。