ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶品!韓国グルメを味わえるおすすめのお店15選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筆者撮影

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
日本から約2時間の距離にある韓国。 美食を求めて、誰もが1度は訪れたことのある国ではないでしょうか。実は、辛いものと同じようにスイーツも有名です。ということで、私も大好きな韓国料理のおすすめ15店を紹介したいと思います。

1. 팔색삼겹살(八色サムギョプサル)

Photo credit: Hiroki Matsushima「真冬のソウル道草旅」

韓国で有名なサムギョプサルのお店です。店名の由来は8つの味を楽しむことができるサムギョプサルに由来しています。 八色サムギョプサルのセットにはお肉だけでなくサンチュ、味噌スープ、各種小鉢がセットになっていて2~3人分で30,000ウォンほど。
8種類の味は、
■高麗人参 ■にんにく ■ワイン ■松の葉 ■ハーブ ■カレ ■味噌 ■コチュジャンです。八色の味の変化を楽しむことができ、お手頃価格です。

店名:八色サムギョプサル 本店
住所:ソウル特別市 麻浦区 老姑山洞 107-111, B1F
電話番号:02-719-4848
営業時間:11:00~24:00(ラストオーダー 食事類は23:00、肉・飲み物類は23:30)
休業日:旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ
交通:地下鉄2号線新村(シンチョン、Sinchon)駅 6番出口 徒歩3分
ホームページ:www.8fm.kr/
予約方法:電話(混雑状況により人数制限あり。早めのご予約を推奨)

2. I’m c

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【絶品!韓国食べ歩き旅】週末を使って一番おいしい韓国料理を探しに行ってみた! 」

おしゃれな街・清潭洞(チョンダムドン)に位置したコーヒー専門店。フルーツをふんだんに使った、超贅沢なパッピンスが有名なカフェです。メロンや、マンゴーが有名ですが、11月から5月の間は期間限定で生いちごも楽しめます。 ひとりでは食べきれないくらいのボリュームがあるので、友達とシェアしてもいいですね。

店名:I’m c
住所:ソウル市江南区(カンナムク)清潭洞(チョンダムドン)118-17 ネイチャーポエムビル地下1階
電話番号:02-511-5512
営業時間:9:00〜11:00
休業日:無
日本語:不可
行き方:盆唐線アックジョンロデオ(狎鴎亭ロデオ・Apgujeongrodeo・K212・압구정로데오)駅2番出口を出て、そのまま大通りの歩道を真っすぐ進み、6つ目の角(左手に見える建物内にあり)で左に曲がり、少し進むと左手に階段があるので、この階段を降りて行くと左手にあります。地下1階。徒歩約10分。

3. 호밀밭(ホミルバッ)

筆者撮影

学生街の新村(シンチョン)と梨大(イデ)の間あたり、新村汽車駅(シンチョンキチャヨク)近くにあるパッピンス専門店です。 目の細かいさらさら氷が特徴的です。小豆とミルクだけかかったシンプルなミルクピンスのほか、イチゴやスイカ、などトッピングもできます。シンプルなミルクピンスがおすすめです。

店名:호밀밭(ホミルバッ)
住所:ソウル市 西大門区(ソデムング)滄川洞(チャンチョンドン)4-77 1階
電話番号:02-392-5345
営業時間:12:30〜21:30
休業日:秋夕・旧正月 各2日くらい
日本語:不可
行き方:地下鉄2号線シンチョン(新村・Sinchon・240)駅3番出口を出て、そのまままっすぐ延世大学方面へと歩きます。150mほど進み、横断歩道のある交差点に出たら右へ曲がります。道なりに400mほど行くと、右手にお店があり。徒歩約9分。

4. REMICONE

筆者撮影

おしゃれなカフェが沢山あることで有名な、ソウル・新沙洞の街路樹通り、カロスキル。 旅行ガイドブックには「新沙洞カロスキル」または「カロスキル」と書かれています。 中でも私がおすすめしたいのが、こちらREMICONEの綿あめソフトクリーム、「THNDER BOMB」です。
濃厚なミルク味のアイスクリームと綿あめの爽やかなミント味がよく合います。この他にも、面白いメニューがたくさんあります。内装も外装も可愛いので是非、カロスキルに訪れた際に行ってみてはいかがでしょうか。溶けるのが早いのでご注意を!

店名:REMICONE
住所:ソウル特別市江南区新沙洞547-12
電話番号:02-6207-1029
休業日:無
営業時間:11:00〜22:00

5. 土俗村(トソッチョン)

Photo credit: Katsuhito Watanabe「ソウルの美味しいものをたべつくそう」

韓国を代表する古宮のひとつ景福宮の近くに位置する「土俗村」。 趣のある伝統家屋の韓屋(ハノッ)を生かした造りになっており、参鶏湯を食べながら韓国の伝統を感じることができます。
もち米、高麗人参、かぼちゃの種、黒ごま、くるみ、松の実、栗、ナツメ、銀杏、ニンニク、ひまわりの種、「土俗」秘伝の具材3種と、栄養たっぷりの食材が入った参鶏湯は、濃厚な味でありながら胃がもたれることなく、体が温まる絶品の一品です。

店名:土俗村(トソッチョン)
住所:ソウル特別市 鍾路区 体府洞 85-1
電話番号:02-737-7444
休業日:無
営業時間:10:00〜22:00(ラストオーダー22:00)
日本語:簡単な会話程度可
行き方:地下鉄3号線景福宮(キョンボックン、Gyeongbokgung)駅2番出口 徒歩7分

6. 明洞餃子

Photo credit: Narumi Terahara「韓国ソウル弾丸の旅!おいしいもの&お買いもの天国」

明洞を代表するカルグッスの有名店「明洞餃子」です。店内は常に賑わっています。ここのキムチは辛くて美味しいですよ。
看板メニューのカルグッスは、長時間煮込まれ深い旨味を含んだ鶏ベースのスープが自慢。1日2回、直接店内で作られる自家製麺と絶妙に絡みます。カルグッスだけでなく、ビビングクス(混ぜ麺)もおすすめです。

店名:明洞餃子
住所:ソウル市中区(チュング)明洞2街(ミョンドンイーガ)25-2
電話番号:02-776-5348
休業日:無
営業時間:10:30〜21:30
住所:【分店】 ソウル市中区(チュング)明洞2街(ミョンドンイーガ)33-4
電話番号:【分店】 02-776-3424
休業日:無
営業時間:【分店】 10:30〜21:30
日本語:少し(日本語メニューあり)
行き方:地下鉄4号線ミョンドン(明洞・Myeong-dong・424)駅8番出口を出てすぐの角を左に曲がります。十字路を2つ通り過ぎ、さらに30mほど進むと右側にあります。徒歩約5分。さらに100mほど直進すると左手に分店があります。徒歩約7分。

7. 전통다원(チョントンダウォン)

Photo credit: Katsuhito Watanabe「ソウルの美味しいものをたべつくそう」

耕仁美術館の中にある伝統茶屋です。仁寺洞のメイン通りの騒がしさから一転して、木々に囲まれた静かなカフェです。韓屋(ハノッ)で伝統茶をいただくことができます。寒いソウルの冬には、生姜茶がぴったり。もちろん冷たいお茶もあります。お茶と一緒に、伝統菓子もどうぞ。

店名:耕仁美術館伝統茶院
住所:ソウル市 鍾路区(チョンノグ)寬勲洞(クァンフンドン)30-1
電話番号:02-730-6305 
休業日:秋夕
営業時間:10:00〜23:00

8. cafe 그리다꿈(クリダクム)5号店 梨大

筆者撮影

見た目も可愛く、味も美味しいデザートドリンクのお店です。弘大(ホンデ)の本店を始めとして、ソウル市内に18店舗を展開するテイクアウト専門のチェーン店です。
数あるドリンクの中でも特におすすめなのが、「REAL STRAWBERRY MILK」。
新鮮なイチゴとミルクが混ざり合った冷たいドリンクです。中に入っている氷とイチゴをストローで混ぜながら飲むのがおすすめです。暑い夏に最高です!

店名:그리다꿈(クリダクム)5号店 梨大
住所:ソウル特別市 西大門区 大峴洞 56-57
電話番号:02-6409-7880
休業日:無
営業時間:月~金曜日:11:00~20:00 / 週末・祝日:11:00~20:00 / 1・2月(月〜日曜日):11:00~20:00 / 7・8月(月~日曜日):10:00〜21:00
ホームページ:http://www.gridaggum.com

9. 먹쉬돈나(モッシドンナ)

Photo credit: Fei Chen「グルメ、買い物、満喫いっぱいのソウル!旅行★」

コチュジャンを使わず、唐辛子でベースをつくるこだわり製法で有名な行列のできるトッポッキ専門店です。テイクアウトも可能です!
5種類のトッポッキ(各4,000ウォン)の中から好きなものを選び、サリ(トッピング、ひとつ1,000ウォン)を選びます。サリは11種類あって最初に注文しないと後からは入れてくれません。 最後のシメには香ばしいポックンパッ(焼き飯)はいかがですか?

店名:モッシドンナ 三清洞本店
住所:ソウル特別市 鍾路区 花洞 137-4
電話番号:02-723-8089
休業日:旧正月・秋夕(チュソク)の前日と当日
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
行き方:地下鉄3号線安国(アングッ、Anguk)駅 1番出口 徒歩10分
ホームページ:mukshidonna.com

10. 미쓰족발(ミスチョッパレ)

若者の街、弘大(ホンデ)にあるおしゃれなカフェ風のチョッパル(豚足)専門店です。
基本的に有名なのが、「チョッパルセット」。3種類の小さいパンチャン(おかず)、3種類のソース、そしてメウンカルグクス(辛いスープでいただく韓国風うどん)がついてきます。
他にも、セルフでにぎるチュモッパッ(おにぎり)がついてくるチョッパレのメニュー、チーズをトッピングできるメニューなどがあります。夕方になると混み合います。
冬は外で待っている時間が長くなり、寒いので、防寒を忘れずに。

店名:미쓰족발(ミスチョッパレ)
住所:ソウル市 麻浦区(マポグ)東橋洞(トンギョドン)164-34
電話番号:02-337-2111
休業日:旧正月、秋夕 各当日
営業時間:12:00〜翌日4:00(ラストオーダー 翌日3:00)

11. 제임스 치즈등갈비(ジェイムスチーズトゥンカルビ)

スペアリブと言われるトゥンカルビ(豚の骨付き肉)を、とろっとろのチーズに絡めて食べることのできるお店です。鉄板にチーズを敷き、その上に味付けしたカルビをのせます。チーズが溶けだしたら、お肉を切ってチーズに絡めて頂きます。甘口〜辛口まで選べるので、辛いものが苦手な方にもおすすめです。

店名:제임스 치즈등갈비(ジェイムスチーズトゥンカルビ)明洞
住所:ソウル市中区 明洞10道7-6 2階
電話番号:02-318-0192
休業日:無
営業時間:11:00〜23:00
ホームページ:http://jamescheese.kr/

12. 새마을식당 논현본점(セマウルシクタン)

テーブルに運ばれてから7分間きっちりタイマーを使って煮込みながら食べるこだわりのキムチチゲ、「7分テジキムチ」。
いわゆる豚肉入りキムチチゲのことで、夜はもちろん、昼間に大人気のメニューです。
7分経つと店員さんが、はさみを使って、鍋の中の豚肉とキムチをみじん切りにしてくれます。これを一緒に出てくるご飯にかけ、混ぜて食べます。 病みつきになること間違いなしです!

店名:새마을식당 논현본점(セマウルシクタン)
住所:ソウル市 江南区(カンナムグ)論峴洞(ノニョンドン)164-12
電話番号:02-544-3284
休業日:旧正月・秋夕 各当日1日ずつ
営業時間:24時間(休憩時間:15:00〜17:00)
行き方:地下鉄7号線ノニョン(論峴・Nonhyeon・732)駅2番出口を出て、道なりにまっすぐ歩いていきます。200mほど行くと SCチェイル(第一)銀行があります。その角を左に曲がり歩いていくと、左手角にあります。

13. 安東荘(アンドンジャン)

韓国では国民的と言っても過言ではないほど有名な料理、チャジャンミョン(ジャージャー麺)を食べることのできるお店です。豚肉、タマネギ、ねぎ、にんにく、しょうがなどを細かく刻んで油で炒め、チュンジャン(黒味噌)で炒めた黒っぽいソースを麺の上にかけて食べる料理です。
チャジャンミョンの種類は、材料や作り方によってチャジャンミョン、カンチャジャン、サチョンチャジャン、ユモチャジャン、サムソンチャジャンと大きく5つに分かれています。中でも一番ポピュラーなのがノーマルなチャジャンミョンとカンチャジャンです。
チャンジャンミョンと一緒に、生たまねぎのスライスとチュンジャン(黒味噌)、たくわん餃子やタンスユッ(酢豚)を食べるのがおすすめです。安くて、美味しくて、お腹いっぱいになります。

店名:安東荘(アンドンジャン)
住所:ソウル特別市 中区 乙支路3街 315-18
電話番号:02-2266-3814
休業日:1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の連休
営業時間:平日:11:30~21:30(ラストオーダー21:00)/ 土・日・祝日:11:30~21:00(ラストオーダー20:00)
行き方:地下鉄2号線乙支路3街(ウルチロサムガ、Euljiro3(sam)-ga)駅 10番出口 徒歩1分

14. 송아저씨빈대떡(ソンアジョシ・ピンデトッ)

新村(シンチョン)にあるチヂミの専門店。竹筒で店名を組んだ看板が印象的なお店です。一皿で何種類ものチヂミを楽しむことができるメニューがあり、リーズナブルです。
カリカリのチヂミには、竹筒で凍らせた、シャリシャリとした氷がまだ残るような状態のマッコリがよく合います。
お通しで出るケランチム(韓国の茶碗蒸し)も美味しいですよ。

店名:송아저씨빈대떡(ソンアジョシ・ピンデトッ)
住所:ソウル特別市 西大門区 滄川洞 52-75
電話番号:02-338-4919
休業日:月2回不定休、旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ
営業時間:16:30~翌1:30(金・土曜日16:30〜翌2:00)
行き方:地下鉄2号線新村(シンチョン、Sinchon)駅 1番出口 徒歩8分

15. CHLORIS

筆者撮影

ホンデ(弘大)にある紅茶専門店。ゴージャスなイメージですが、親しみやすく落ち着ける空間のお店です。紅茶やスコーンなどが有名ですが、実は、ここのミルクティー味のパッピンスが絶品なのです! 
タワーのように高いミルクティー味のパッピンスの上に、さらにミルクティ味のアイスクリームがのっています。崩れやすいので、慎重にスプーンを入れることをおすすめします。

店名:CHLORIS
住所:ソウル市麻浦区(マポグ) 西橋洞(ソギョドン)358-18 2階
電話番号:02-333-7523
休業日:無
営業時間:9:00〜24:00
行き方:地下鉄2号線・空港鉄道・京義中央線ホンデイック(弘大入口・Hongik Univ. 239/A03/K314)駅9番出口を出て、
そのまま直進します。150mほど行ったところにある、一つ目の横断歩道を渡り左に曲がります。250mほど直進すると右手側にあります。徒歩約7分。

韓国料理旅行記

1. 「普通の韓国はもう飽きた!ローカルを楽しむ街歩き in ソウル」Aliceさん

Photo credit: Alice「普通の韓国はもう飽きた!ローカルを楽しむ街歩き in ソウル」

ソウル近郊の名所はすでに制覇済み、特に行きたいところもない! そんなあなたにおすすめしたい、ローカルな街歩き旅です。Aliceさんのブログを見ながら、ぶらり街歩きはいかがでしょうか。

2. 「~韓国3泊4日女子旅~」Yukina Hisatsuguさん

Photo credit: Yukina Hisatsugu「~韓国3泊4日女子旅~」

美食を求めて食べ歩き! 観光よりも、とにかく食べたい! Yukina Hisatsuguさんのブログでは、美味しいお店がたくさん紹介されています。 ぜひ、参考にしてみてください。

3. 「親子旅」Harukaさん

Photo credit: Haruka「親子旅」

親子でめぐる、韓国、食の旅。韓国料理を味わいながら、ゆっくり親子旅行。何度も韓国に訪れている、ベテランHarukaさんのブログを参考に、自分だけの親子旅を計画してみてもいいですね。

おわりに

韓国のグルメ情報、楽しんでいただけたでしょうか。まだまだ紹介しきれていないお店がたくさんあります。韓国は美味しいもので溢れています。 ぜひ、嗅覚を頼りに散策してみてはいかがでしょうか? きっと素敵な出会いがあるはずです。

ライター:Yuko Mayumi
Photo by: Yuko Mayumi

関連旅行記

*Natsumi Daizen「韓国の水原(Suwon)という街を知っていますか?世界で唯一の○○館がある街です。」
*Nanami Takahashi「【韓国】歴史と世界遺産、映画hero☆ロケ地を巡る旅(水原, 慶州, 釜山)」
*Kaede Shinagawa「韓国・済州島 自然の神秘と旧跡めぐり」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP