体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶品!韓国グルメを味わえるおすすめのお店15選

筆者撮影

筆者撮影

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
日本から約2時間の距離にある韓国。 美食を求めて、誰もが1度は訪れたことのある国ではないでしょうか。実は、辛いものと同じようにスイーツも有名です。ということで、私も大好きな韓国料理のおすすめ15店を紹介したいと思います。

1. 팔색삼겹살(八色サムギョプサル)

Photo credit: Hiroki Matsushima「真冬のソウル道草旅」

Photo credit: Hiroki Matsushima「真冬のソウル道草旅」

韓国で有名なサムギョプサルのお店です。店名の由来は8つの味を楽しむことができるサムギョプサルに由来しています。 八色サムギョプサルのセットにはお肉だけでなくサンチュ、味噌スープ、各種小鉢がセットになっていて2~3人分で30,000ウォンほど。
8種類の味は、
■高麗人参 ■にんにく ■ワイン ■松の葉 ■ハーブ ■カレ ■味噌 ■コチュジャンです。八色の味の変化を楽しむことができ、お手頃価格です。

店名:八色サムギョプサル 本店
住所:ソウル特別市 麻浦区 老姑山洞 107-111, B1F
電話番号:02-719-4848
営業時間:11:00~24:00(ラストオーダー 食事類は23:00、肉・飲み物類は23:30)
休業日:旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ
交通:地下鉄2号線新村(シンチョン、Sinchon)駅 6番出口 徒歩3分
ホームページ:www.8fm.kr/
予約方法:電話(混雑状況により人数制限あり。早めのご予約を推奨)

2. I’m c

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【絶品!韓国食べ歩き旅】週末を使って一番おいしい韓国料理を探しに行ってみた!」

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【絶品!韓国食べ歩き旅】週末を使って一番おいしい韓国料理を探しに行ってみた! 」

おしゃれな街・清潭洞(チョンダムドン)に位置したコーヒー専門店。フルーツをふんだんに使った、超贅沢なパッピンスが有名なカフェです。メロンや、マンゴーが有名ですが、11月から5月の間は期間限定で生いちごも楽しめます。 ひとりでは食べきれないくらいのボリュームがあるので、友達とシェアしてもいいですね。

店名:I’m c
住所:ソウル市江南区(カンナムク)清潭洞(チョンダムドン)118-17 ネイチャーポエムビル地下1階
電話番号:02-511-5512
営業時間:9:00〜11:00
休業日:無
日本語:不可
行き方:盆唐線アックジョンロデオ(狎鴎亭ロデオ・Apgujeongrodeo・K212・압구정로데오)駅2番出口を出て、そのまま大通りの歩道を真っすぐ進み、6つ目の角(左手に見える建物内にあり)で左に曲がり、少し進むと左手に階段があるので、この階段を降りて行くと左手にあります。地下1階。徒歩約10分。

3. 호밀밭(ホミルバッ)

筆者撮影

筆者撮影

学生街の新村(シンチョン)と梨大(イデ)の間あたり、新村汽車駅(シンチョンキチャヨク)近くにあるパッピンス専門店です。 目の細かいさらさら氷が特徴的です。小豆とミルクだけかかったシンプルなミルクピンスのほか、イチゴやスイカ、などトッピングもできます。シンプルなミルクピンスがおすすめです。

店名:호밀밭(ホミルバッ)
住所:ソウル市 西大門区(ソデムング)滄川洞(チャンチョンドン)4-77 1階
電話番号:02-392-5345
営業時間:12:30〜21:30
休業日:秋夕・旧正月 各2日くらい
日本語:不可
行き方:地下鉄2号線シンチョン(新村・Sinchon・240)駅3番出口を出て、そのまままっすぐ延世大学方面へと歩きます。150mほど進み、横断歩道のある交差点に出たら右へ曲がります。道なりに400mほど行くと、右手にお店があり。徒歩約9分。

4. REMICONE

筆者撮影
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。