体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仙台市に新しく開通した地下鉄「東西線」で 市民も旅行客も便利に

仙台市に新しく開通した地下鉄「東西線」で 市民も旅行客も便利に

12月6日、仙台市地下鉄「東西線」が開通した。それに伴い沿線のまち、JR・バス・地下鉄南北線など各交通機関が集まる東北の玄関口・仙台駅周辺も大きく変わる。地下鉄東西線で仙台市のアクセス、仙台駅周辺がどう変わるかをレポートする。
中心部のアクセス向上のために開通した地下鉄「東西線」

仙台市は1980年代に周辺の町村と合併し、1989年に政令指定都市になった。仙台市郊外、特に仙台市北部での大型ニュータウンの開発、住宅建設が進み、交通渋滞が激しくなったことなどにより、1987年、仙台市に東北初の地下鉄「地下鉄南北線」が開通した。北の「泉中央駅」~南の「富沢駅」まで17駅を結ぶ路線で、当初北端駅は「八乙女駅」だったが、1992年に「泉中央駅」まで延伸し全線開通した。

地下鉄東西線の計画は1970年代からあり、1979年8月、仙台都市圏交通計画懇話会で初めて公式に提案された。東西線の計画は、質の高い集約的都市の「コンパクトシティ」を目指す仙台市の方針の一環でもあった。また、ラッシュ時の交通渋滞の緩和や中心部のアクセス向上のために、車社会から、定時性があり、かつ時間が短縮される公共交通機関への転換を図り、交通渋滞の解消と同時に、排気ガスや二酸化炭素の削減による環境への配慮も意図していた。

【画像1】仙台市地下鉄の路線図(「南北線」は一部)。東西に伸びる水色のラインが地下鉄「東西線」。仙台駅で地下鉄「南北線」と交差する(画像提供:仙台市交通局)

【画像1】仙台市地下鉄の路線図(「南北線」は一部)。東西に伸びる水色のラインが地下鉄「東西線」。仙台駅で地下鉄「南北線」と交差する(画像提供:仙台市交通局)東西線沿線はどんなところ?どう変わる?

地下鉄「南北線」の開通から28年、今回開通した地下鉄「東西線」は、「八木山動物公園駅」、「国際センター駅(仙台城跡入口)」、「仙台駅」、「卸町駅」、「荒井駅」などの13駅を結ぶ約13.9km(営業キロ)の路線だ。(カッコ内は副駅名)

【画像2】地下鉄内トンネル。平成18年度に工事に着手、東日本大震災で建設が遅れたがついに完成。復興のシンボルのひとつになるだろう(画像提供:仙台市交通局)

【画像2】地下鉄内トンネル。平成18年度に工事に着手、東日本大震災で建設が遅れたがついに完成。復興のシンボルのひとつになるだろう(画像提供:仙台市交通局)

仙台駅から西側の区間には、都市型動物園の八木山動物公園(「八木山動物公園駅」隣接)、仙台市を代表する遊園地の八木山ベニーランド(最寄駅「八木山動物公園駅」)といった子どものレジャー施設や、宮城県美術館、仙台国際センター、仙台市博物館といった文化公共施設が多く点在、車を所有しない人も気軽に行けるようになる。

仙台駅から東側の区間は、「仙台駅」東口エリアや卸売業、文化施設が集まる「卸町駅」、印刷工業団地がある「六丁の目駅」など、地域性を活かした新たなまちづくりやコミュニティ活動が活発化しているのが特徴的だ。また、東の起点「荒井駅」周辺は居久根(いぐね、屋敷林)が点在する田園地帯だったが、荒井東には自然と調和しながら住みやすい環境を整えた土地区画整理が進められ、住宅地としての成長が期待される。

また、「地下鉄東西線」の駅近くには東北大学青葉山キャンパス(「青葉山駅」隣接)、東北大学川内キャンパス(「川内駅」隣接)、仙台第二高等学校(最寄駅「川内駅」)、仙台第一高等学校(最寄駅「連坊駅」)など学校が多い。「地下鉄南北線」と違い「地下鉄東西線」は、山側と海側を結ぶため、「八木山動物公園駅」~「国際センター駅」間は高低差が100m余りもある。「国際センター駅」と「大町西公園駅」との間には、広瀬川にかかる東西線専用の橋りょう「広瀬川橋りょう」がかかり、清流と豊かな緑が望めるのも杜の都ならではだ。

【画像3】西公園、仙台国際センター近くの広瀬川橋りょう。平成25年度土木学会賞(田中賞)を受賞(画像提供:仙台市交通局)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy