ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

7月27日に起きる珍しい天体現象「オカルテーション」は吉兆? 凶兆?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

110726kasei.jpg

7月27日、「オカルテーション」という珍しい天体現象が太平洋で観測できます。日本では見ることができませんが、観測できるのはフランス領ポリネシア近くの太平洋上だそう。
オカルテーションという言葉は、「オカルト」と何か関連がありそうな怪しげな雰囲気を感じられますが、そもそも、「オカルト(occult)」は、ラテン語で「隠されたもの」という意味
天文学では、他の天体が通るときに違う天体が隠されることを「オカルテーション」と言うのですね。
太陽が月で隠される事を日食、月が太陽で隠される事を月食と言いますが、他の星(木星など)が、月に隠される場合などに、英語ではオカルテーションと言います。
今回のオカルテーションは、火星の前を月が通り、その間、火星が見えなくなるという状態になります。
 
さてこのオカルテーション、占星学的には、惑星同士がオポジション(180度)か、コンジャンクション(0度)の時に起こります。今回は、火星と月が180度の時に起こるオカルテーション。
古典的な占星術では、オカルテーションは全てディスコーダント・アスペクト(凶角)と判断する向きもあるようですが、ジョナサン・ケイナー氏の今週の占いによると、月(慈しみ)が、火星(怒りや争い)を隠してくれる、吉兆と書いてあります。
私も、その優しく、慈愛に満ちたエネルギーに溢れるという解釈を取りたいですね。そして、望ましい方向に世界が進む助けになるように、祈りたいと思います。
ジョナサン・ケイナーの星占い ジョナサンの今週のひとこと古典占星術全講
(STELLA)


(マイスピ)記事関連リンク
2011年夏! 絶対見逃したくない流星群たち
七夕の日、東京の夜空に織姫星と彦星を見つけるポイント
宇宙人へのメッセージ、お返事はいつ来るの?[マイスピ宇宙散歩]

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。