体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Windows Phone 7.5“Mango”を搭載したauのスマートフォン『IS12T』が9月に発売へ

Windows Phone 7.5“Mango”を搭載したauのスマートフォン『IS12T』が9月に発売へ

KDDIは日本マイクロソフト、富士通東芝モバイルコミュニケーションズと共同でau向けスマートフォン新製品『Windows Phone IS12T』の発表会を開催しました。日本では初めてOSにWindows Phoneを搭載したスマートフォンで、9月以降に発売を予定しています。

Windows Phoneは、Windows Mobileの後継となるスマートフォン用OSで、2010年に日本を除く35か国でWindows Phone 7を搭載したスマートフォンが発売されました。『IS12T』でも搭載する最新のWindows Phone 7.5はコードネーム“Mango”と呼ばれ、500以上の機能が追加されています。

日本初上陸となる

発表会では最初にKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。Windows Phoneを投入する背景について、「選べるスマートフォン」としてスマートフォンのラインアップを拡充し、「いいモノを、いち早く」市場へ投入する意図があることを説明しました。

Windows Mobileとの比較

KDDIは昨年、Windows Mobile 6.5.3を搭載した『IS02』を発売しています。パソコンのWindowsをモバイルへ持ち込むWindows Mobileと比較して、Windows Phoneはスマートフォンでの使い勝手を重視し、直感的に使いやすいユーザーインタフェース(UI)を採用している点、クラウドを経由してパソコンなどと『Office』文書を共有できる点を特徴として挙げました。

クラウド経由の共有については説明に時間を割き、ストレージサービス『SkyDrive』にドロップした文書をパソコンやスマートフォンで共有できること、ビジネスでもプライベートでも端末を問わずに共有できることを強調しています。

『IS12T』を1か月使ってみたという同氏は、使用感について「最初の1日から1日半はとっつきにくい。でもだんだん気持ちよくなってくる」と語り、特にSNSとの連携が「うまくできている」と評価していました。

UIの特徴

続いて日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏が登壇。Windows Phone 7.5の特徴についてプレゼンテーションしました。ホーム画面はアプリ単位ではなく、機能別に整理したタイル状のUIを採用。個別のアプリメニューでは1画面をスクロールして使う『パノラマUI』は、Windows 8でも同様のものが採用されると語りました。

SNS連携

KDDIの田中社長も触れたSNSとの連携は、『Twitter』や『Facebook』の機能をOSに融合して実現したもの。アドレス帳やフィードを統合して、だれとつながるのか“人”をキーに選択し、その人に対して通話やメール送信、SNSによる連絡を選択できるインタフェースを採用しています。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会