体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「奥手男子」のわかりやすすぎる7つの脈ありサイン

生活・趣味
00058459636_Large

心に秘めている女性への想いを、自分の言葉ではっきりと伝えることがなかなかできない。そんな「奥手男子」ですが、口にしなくても、行動から脈ありのサインを見て取ることは可能です。例えば…。

1.歩道を一緒に歩くときには、常に男性が車道側

「奥手男子」の相手の女性を大切にしたいという気持ちが自然に表れるのが、歩道を歩くときの並び方です。

自分のことよりも、好きな女性の身の危険を案じ、さりげなく車道側を歩くようにしてくれるのは、「奥手男子」の優しい思いやりの象徴です。

日常的によくある分かりやすい脈ありサインのひとつです。

2.積極的な内容のメールを送ってくる

「奥手男子」は、相手の目を見て話すことに抵抗感があるときには、メールを多用する傾向があります。

まさに、恋愛も例にもれず、直接相手に告白をして断られるのが怖いので、自分の「好き」という気持ちがはっきりと分かるような積極的な表現の内容をメールで送ってくることがあります。

シャイで話下手な「奥手男子」の常套手段といえるでしょう。
なぜかメールでは自分の気持ちを率直に表現することができるようです。

3.ちょっとしたプレゼントを贈る

「奥手男子」は、気になる女性に対して、積極的なアプローチをする代わりに、簡単かつ確実に気持ちを表現できるプレゼントを贈るという行動を選びます。

プレゼントには、女性が好きそうな飲み物やお菓子など、もらった人が気兼ねしない程度のちょっとしたものを選びます。

一瞬の勇気をふりしぼるだけで実現できるプレゼント作戦は、「奥手男子」にとっても自分の気持ちを相手に伝えられる手軽な手段です。

4.急に自分のプライベートな話をし始める

「奥手男子」は、基本的に慎重派で、どちらかといえば秘密主義なので、なんらかの特別な理由がない限り、自分のプライベートなことを積極的に話題にすることはありません。

そんな男性が、あるとき突然、自分の話をし始めるようなことがあれば、それは大きな脈ありのサインです。

自分の家族の話や子どものころの話など、尋ねられてもいないのに、女性に知ってもらいたい自分に関する様々なことを、リラックスした表情で楽しそうに話してくれます。

5.目が合うと即座にそらす行為を繰り返す

-0987567165811187
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会