ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末大掃除を効率的にやるための20のチェックリスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、掃除をこまめにしている方から普段掃除をさぼりがちの方まで年末にチェックしておきたい場所をリスト化してみました。

まずは家の顔!玄関をチェック!

1.玄関に砂があがってきていないか

玄関は靴を置く場所ですから汚れやすい場所。

靴箱の下や影になっている部分には以外にも砂やホコリがあがってきているかもしれません。

特に普段玄関の掃除がおざなりになっている場合は、良くチェックしてみましょう。

2.靴はしっかりと収納できているか靴箱を確認

靴の収納の仕方を間違ったり、靴箱に詰め込み過ぎると靴にカビが生えたり、靴が傷んだりする原因になってしまいます。

靴が適切に収納できているかチェックしてみましょう。

靴箱にギュウギュウになっている方は、断捨離も考えてみて!

3.カーペットが汚れていないか

毎日お世話になっているカーペット。

毛玉が溜まっていないか、ちょっと傷んできていないかチェックしてみましょう。

4.玄関のインテリアを一新してみよう!

玄関は家の顔のような場所です。

ずっと同じインテリアではなんだか気分も上がらないですよね。
年が変わるのを期に、一新してみるのも良いかもしれません。

普段使うからこそ重点的に!リビングのお掃除チェック!

5.照明器具を掃除

特にリビングでは、大きめの照明器具を使用されている方が多いと思います。

照明器具はホコリが溜まりやすいのに、意外に掃除が行き届かなかったりする場所。

年末にしっかりホコリを掃除しておきましょう。

6.テレビ台をチェック

普段テレビが置かれている部分も、なかなか動かす機会がなく掃除をしていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
テレビ台やテレビの裏などにあるコンセント口はホコリが溜まりやすい部分。

テレビ周辺もしっかりとチェックしてみましょう。

7.エアコンの掃除

エアコンフィルターもほこりが詰まりやすい部分です。
フィルター部分がホコリでまみれてしまうと、鼻がムズムズしてしまうこともあります。

季節の変わり目を待たずに、年末に一度キレイにしておきましょう。

キッチン周りもしっかりお掃除!

8.コンロ周りをチェック

普段自炊が多い場合は、キッチンは汚れやすい部分。

まずは、普段使うコンロまたはIH周りをチェックしてみましょう。

取り外し可能な場合は、一度取り外して下までお掃除してみると良いですよ。

9.シンク周りのカビに注意!

どうしても水回りはカビが生えやすい部分。

シンクは掃除していても、シンクまわりのシリコンが傷んでしまっていることもあります。
可能であれば、新しくシリコンを購入して補強しましょう。

ついでに、蛇口の水アカもや排水口もチェックしましょう。

10.冷蔵庫横にはホコリがいっぱい?

普段なかなか動かすことのない冷蔵庫周りはホコリが溜まりやすい部分。

年末には一度動かして、しっかり掃除したいものです。

11.電子レンジの中は重曹でキレイに

電子レンジも汚れが溜まりやすいです。

レンジの中の上部や奥なども意外に汚れが溜まっていたりするので、重曹などを使ってキレイにしておきましょう。

12.換気扇の油汚れもチェック

キッチンの換気扇周り、油でギトギトになっていませんか。
普段揚げ物など良くする方は要注意です。

お風呂場や洗面台は水アカなどに注意!

13.風呂場のガラスの水アカ

お風呂場のガラスは水アカが溜まりやすい場所。

いつの間にか、ガラスが曇って見えなくなってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

あまりおすすめはしませんが、洗剤など使ってもどうしても取れない場合は、2000番台ぐらいの細めのサンドペーパーで磨いてしまいましょう。

14.バスタブや洗面台の汚れや水アカ

バスタブや洗面台も水アカや汚れが溜まりやすい部分です。しっかり確認しておきましょう。

トイレ周りは入念にチェック?

15.トイレはウォシュレット部分まで確認

便座は掃除していても、見落としてしまいがちなのが、ウォシュレットの部分。

汚れが溜まっている可能性があるので、しっかり引っ張り出してきれいにしましょう。

16.換気扇の汚れをチェック

トイレに換気扇がある場合は、意外に汚れが溜まっていることがあります。

17.トイレの天井・壁まで大掃除

あまりイメージがわかなくても、実はトイレの床などに飛び散ってしまっている可能性があります。

男性の場合は特に注意したいところ。
天井や床までしっかりと拭き掃除をし、仕上げにアルコールで消毒しておきましょう。

寝室・その他チェックしておきたいポイント

18.ベッド周辺のホコリをチェック

ベッドは普段あまり動かすことがないだけに、周辺はホコリが溜まりやすくなっています。

19.窓枠やガラスの汚れをお掃除

窓枠やガラス部分も普段の掃除ではあまり気にかけない部分。
しっかりチェックしておきましょう。

20.不要なものや使わないものは捨てる

特に女性の場合など、使わない化粧品がかさばってしまうこともあると思います。

もったいないと感じる場合は、フリマなどを利用してうまく断捨離しましょう。

年末の大掃除で特にチェックしておきたいポイントを20つ紹介しました。他にも気になる部分があればぜひチェックしてみてください。特に普段細かな部分まで掃除ができていない場合は、入念にチェックして、すっきりとした気持ちで年明けを迎えたいものですね。

関連記事リンク(外部サイト)

知ってて得する!お掃除での「重曹」の使い方
部屋が散らからない「7つの習慣」
ゆで卵の殻が、わずか「5秒」で剥けちゃう驚きのテクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP