体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

床暖房の電気代を節約する「5つの方法」

生活・趣味
shutterstock_264715796_3

空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代ではないでしょうか?

当然ですが、暖房をつけっぱなしにすると、想像以上のコストが…。これを読んで、節約の参考にしてみて!

1.つけ始めだけでもエアコンと併用する

床暖房は、身体に直に伝わる伝道熱と、身体や家具、壁などに吸収された熱が放射される輻射熱によって部屋を暖めています。

床面からムラなく暖めることができますが、床暖房だけで、室内の空気までを暖めようとするのは効率があまりよくありません。

床暖房のつけ始めだけでもエアコンと併用して、空気を暖めることで部屋が早く暖まり、電気代が節約できます。

2.朝は「夜間」の時間帯を過ぎたら消す

電気代は電力会社によって異なりますが、オール電化住宅で電気の床暖房を使っている場合は、23時~7時までの「夜間」の時間帯が安い料金プランを選択しているケースが多いです。

冬の朝は冷え込んでいるため、起きたときの底冷えに床暖房は効果があります。
しかし、日中に向けて暖かかくなっきたら、ずっとつけている必要はありません。

6時頃に起きて床暖房やエアコンをつけて部屋を暖めた後、7時になったら床暖房を切っても、底冷えは解消しているうえに、気温が上がり始めているので部屋は暖かです。時間帯による電気料金の違いを利用すると、無理なく節約しやすいです。

3.つけたり消したりしないで低温を保つ

電気の床暖房は立ち上げたときに、床面、あるいは部屋が暖まるまでに時間がかかります。
また、立ち上げたときの電気代は、温度が安定した後の数倍に及ぶこともあります。

節約のために、頻繁にオンオフを繰り返すよりも、温度設定を低めにしてつけたままにしている方が、節電には効果があります。

また、床暖房は切ってすぐは余熱で暖かいので、出掛ける20分前に床暖房を切るといった工夫もできるでしょう。

4.片面だけなど必要な部分のみをつける

リビングダイニングに床暖房が設置されている場合は、リビング部分とダイニング部分の片面だけでもつけられるように、パネルを分けて施工されていることが多いです。
床暖房は両面つけるよりも、必要に応じて片面だけつけた方が電気代は安いです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会