ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国重慶市郊外に総面積1万3000平方米の巨大シェルター存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国四川省重慶市郊外の山岳地帯に、世界一広い巨大シェルターが存在していることが明らかになった。中国共産党機関紙「人民日報」が報じた。この核シェルターは1960年代初めから建設が開始されたが、当時は中国と敵対関係にあったソ連や米国との戦争が懸念されており、攻撃されにくい内陸部のシェルターに軍関係機関や軍需工場が建設、核兵器も貯蔵されたという。

 この巨大シェルターは重慶市郊外の白濤鎮(村)の山岳地帯に位置し、総面積は1万3000平方メートルで、容積は151万立方メートル。もっと高いところは74メートルある。ここに、大きな貯蔵庫が9個、他の小さなもので10個の貯蔵施設が存在するという。

 このシェルターの建設計画は「816工程」と呼ばれた。これは1966年8月16日に毛沢東主席や周恩来首相ら当時の中国最高指導者によって、建設が決定されたからだ。建設計画は極秘とされ、当時では最高の技術力を持つ中国人民解放軍の工兵部隊である「8342部隊」や工程兵第54師団が主力になり、兵士6万人が作業に当たったという。

 1967年2月に建設は開始され、完成したのは1985年で、18年間の歳月が費やされた。また、建設予算は7億4000万元だが、1966年当時の中国の国家予算は総額でも1873億元。

 当時の軍幹部の月給が30元だった時代だけに、現在の予算規模から換算すれば、1000億元(約2兆円)となり、世界最大規模のダムである三峡ダムと同じくらいの建設規模に匹敵する。「当時としては空前絶後の巨大国家プロジェクト」と人民日報は伝えている。

 シェルター内の気温や湿度などは中央制御室のコンピュータによって24時間管理されている。シェルターの存在は2002年4月明らかにされたが、一般への公開は2010年4月まで待たなければならなかった。公開されているのは全体の10分の1程度。一般公開された理由について、中国国防省は「国防教育の一環」としている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「虎退治」
中国での化学兵器処理事業 日本が相場の30倍以上の負担も
津波最大値変更で再工事 ゼネコンは自民党時代並みに大喜び

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP