ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年ヘアスタイルのトレンドは男ウケ◎な“ネオフェミニン”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年のトレンドは“ネオフェミニン”がくる予感♪

2015年オシャレはカジュアル&ナチュラル化し、フォトジェニック的要素(SNS映えするような写真的スタイル)の強い一年となりました…。
主な要因としては、
「確かにオシャレ」
「媚びてない感じで、いいね! が欲しい」
「SNS映えする気がする」
もちろん美容師としてはこれを叶えるための努力もしてまいりましたが…
でも、それってリアルですか?
実際やってみると…
「なんか普通?」
「あれはやっぱり芸能人とか、綺麗な人じゃないと…」
「抽象的で分かりにくい」
そうなんです。ある程度の感性と感覚の部分が強く、する側も周りにいる人たちもある一定以上の感性がないと成り立たない世界観と言いますか…
リアルではなくSNSの中だけでの世界観なのかもしれません。
もちろん、僕もイメージ的要素を打ち出すことも多いので、否定するわけではありません。それによって伝えられる女性像もあります。
では、リアルで可愛くなるにはどうすればいいのでしょうか?

 

女性の魅力を最大限楽しんで、イケメン男子のハートをGET♪

リアルで可愛くなる方法として、2016年僕が提唱する1つのトレンドは“ネオフェミニン”です。
もっと分かりやすくカワイイオシャレを楽しんでも良くないですか?
ちょっと大変だけどオシャレして出かけたい♪ オシャレして好きな人に会いたい♪ のが女の性じゃありませんか?
“ネオフェミニン”は、女性としての魅力を最大限に楽しむためのオシャレカテゴリー。つい最近までの、ふんわり甘~いフェミニン系ではもう古いかもしれませんよ。それどころか、世の中の草食化の進む男子には見向きもされません。
しっかり女性としての魅力を出して、イケメン男子にモテちゃいましょう♪

 

“ネオフェミニン”になる♪3つのポイント

“ネオフェミニン”のポイントは「カワイイだけじゃ物足りない♪」です。
①ちょっぴりおフェロに♪
②カラーはJUCYに、少し落ち着かせて色味にこだわって。
③もちろんふんわり巻き髪は鉄板!
いかがでしょう??
チャレンジしてみたくなってもらえましたか?
2016年は、きっと楽しいオシャレのあなたを待っています♪
2016年“ネオフェミニン”、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

松井愛士(release SEMBA)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP