ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

親の遺産はあてにしちゃダメ! 60代の9割「自分の資産は自分のために使いたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分が掛けた年金は、将来受け取れるのかと半信半疑の現役世代もいるだろう。厚労省の試算によると、1945年生まれの70歳の世帯は、支払った保険料の5.2倍が給付されるのに対し、1985年生まれの30歳以降の世帯では2.3倍しか支給されないという。

もしかしたら、この試算も楽観的なものかもしれない。こうなったら親世代の資産をあてにするしかないが、その考えはうまくいくだろうか。東京スター銀行の調査によると、60~69歳の約9割が「自分の資産は自分たちのために使いたい」と答えたという。
子ども世代も「資産はいらないから自分のことは自分でやって」

主な回答者は、家を保有する親世代500人(60~69歳)と子世代500人(30~49歳)。親世代はすでにそれなりの余裕を確保しているかと思いきや、43.6%が今後の生活を「ぎりぎりの生活」「生活できない」と見込んでいるという。

そんな老後の不安からか、資産を誰のために使いたいかという質問に、87.0%が「自分のため」「夫婦のため」と回答。「子どものため」と答えた人は、わずか7.4%にとどまっている。

「自分たちで資産を使う代わりに子どもに頼らないか」、それとも「資産を残して子どもに面倒を見てもらうか」の2択では、前者を選んだ人が80.0%にのぼる。

子ども世代も、そんな親の考えを察知しているようだ。「親の資産をあてにしているか」との質問に、69.6%が「あてにしていない」「あまりあてにしていない」と回答している。

「親の不動産を引き継ぐべき」と考える人も49.8%と半数未満。「資産は残さなくてかまわないので、老後のことは親自身で解決してほしい」と答えた人も73.6%となっている。

今回の結果を受けて調査元は「親世代の資産に対する考えが変化してきている」と分析。「老後の面倒を見てもらう代わりに、子どもに資産を残す」というスタイルは、過去のものになりつつあるのだろうか。

あわせてよみたい:年金の「世代間格差」に若者世代が不満
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP