ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学生時代の親友たち、でも妊娠して境遇が変わると話が合わない…!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠が発覚したのは、ちょうど27歳の誕生日を迎えた直後のことでした。

初めての妊娠なので夫婦共々大喜び!

でも、まだ妊娠して間もなかったので、家族のみに報告しました。

3か月に入った頃、だいぶ落ち着いてきたので、1番仲のいい友人A.Bに報告をしました。

その友人たちとは学生時代からの同級生であり共に学生生活を送り、その後は就職し、それぞれの道を歩みはじめました。

20代前半は独身の社会人生活を楽しみ、恋愛や仕事の悩みなど、互いに共感し合い、助け合けあっていました。

ですが20代の半ばになるとそれぞれが別の道を行くようになり、私は結婚、友人Aは彼氏と同棲を始め、友人Bは合コンなどに参加しながらパートナーを探している状態となりました。

3人がバラバラの環境になり、年齢も30歳に近付いてきた頃、三十路になる焦りなどがそれぞれに出てきました。

会話も、私は妊娠の悩み、友人Aは結婚のタイミングの話、友人Bは合コンの話とそれぞれが同じ境遇の人はいなくなり、会話も合わなくなってきてしまいました。

私は妊娠中期に入ると、つわりがはじまり、誰かに相談したいと思った時に、その友人たちではなく、経験者の人とのつながりがほしくなり、既に子供のいる友人や職場の先輩に積極的に連絡を取るようになりました。

その頃から友人A.Bとは少し距離が出来たように感じはじめ、それが少し寂しくもなりました。

つわりも治まった頃になり、また友人A.Bと会うことになりました。

少し時間もあいたこともあり、その時にはそれぞれが、ちがった状況を理解し合い、互いの悩みを違った環境におかれていても、受け止められるようになっていました。

改めて3人で笑って話が出来た時に、やっぱりこの友人は一生ものだと心から感じ、嬉しかったです!

女性にとって、結婚や出産への焦りは誰にでもあることだと思います。

そんな中で、環境も変わっていけば、その時の付き合う友達も変わっていくことは自然なことですが、どんなに違った環境の中でも本当の親友と呼べる友人との関係は、変わっていきたくないし、大切にしたいものです。

著者:Penguin

年齢:27歳

子どもの年齢:妊娠9か月

生まれてきた子どもに何をさせてあげようかと、色々と想像を膨らませています。不安もありますが、これからは母として子どもと一緒に成長していきたいと思います。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「ママ友恐怖話」に毒されているのはもったいない!情報にふりまわされて身構えていた私。人付き合いのコツとは?
「ママ友作りは小さなうちから」にとらわれ、自分を追い詰めてしまった人見知りな私の失敗談
同時期に産んだママ同士。共通の話題は多いけど…比較したり気を使ったりの一面も

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP