ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第1回目 楽しすぎる!音楽を飛ばせるBluetoothオーディオレシーバとトランスミッター。2つあればBluetooth非対応機器でもBluetooth化できちゃう。

  • ガジェット通信を≫

レシーバとトランスミッターは難しそうだけど、誰でも簡単に使えます。

第1回目の記事はBluetoothオーディオレシーバ

最近Bluetooth周辺機器が面白くてたまりません。実に楽しいBluetoothオーディオレシーバとトランスミッターを入手したので2回に分けてご紹介します。第1回目の記事はBluetoothオーディオレシーバです。

Bluetoothオーディオレシーバを、ご存知ですか。Bluetoothオーディオレシーバがあれば、Bluetooth非対応のスピーカでも、Bluetoothで音楽を飛ばすことができます。
iPhoneやスマートフォンと、オーディオレシーバをBluetoothで接続します。オーディオレシーバはスピーカと接続します。

つまりレシーバはこんなイメージです。

◆iPhone(Bluetooth対応)↑<Bluetooth接続>↓◆オーディオレシーバ↑<イヤホンケーブル接続>↓◆スピーカ(非Bluetooth)
これを使えば、古いアナログ接続のスピーカや、Bluetoothに対応していないヘッドフォンでも、Bluetooth接続できるのです。
さ・ら・に。。実はBluetoothオーディオトランスミッターもあるんですよ。トランスミッターは逆です。

トランスミッターはこんなイメージです。

◆オーディオ再生端末(非Bluetooth)↑<イヤホンケーブル接続>↓◆オーディオトランスミッター↑<Bluetooth接続>↓◆スピーカ(Bluetooth対応)
つまり、Bluetoothに対応していない音楽再生端末でも、Bluetooth対応のスピーカやイヤフォンを使えるのです。
何かわかったけど、混乱して分からなくなりますよね。Bluetoothオーディオレシーバとトランスミッターの2つを購入しておけば、いろいろ音楽をBluetoothで遊べるってわけです。

え・・まだ良く分からない。では実際にさわって説明しましょう。

こちらはBluetoothオーディオレシーバです。
長押しすることで電源が入りペアリングモードになります。
iPhoneのBluetoothで接続します。

これで、iPhoneとBluetoothオーディオレシーバが、Bluetoothで繋がりました。

Bluetoothオーディオレシーバへオーディオケーブルを接続します。

Bluetoothオーディオレシーバのオーディオケーブルをスピーカに繋ぎます。これで、iPhoneからBluetooth接続で、Bluetoothオーディオレシーバへ音楽が通信され、アナログ接続のオーディオケーブルを通してスピーカで再生されます。

※写真で使っているスピーカは、Bluetooth対応ですが、Bluetooth非対応として見てください。アナログなオーディオケーブル接続で再生しています。

こんなこともできるんです。アナログ接続のイヤフォンを、Bluetoothオーディオレシーバへ接続すればBluetooth接続のイヤフォンになります。ちゃんと音楽の再生されます。イヤフォンからのボリュームのアップダウンはできません。

ちなみに音質に関しては、まったく劣化がありません。そのままです。

Bluetoothオーディオレシーバは充電しながら使うこともできます。うまく配線を工夫すれば、ずっと再生できるBluetoothスピーカ化もできるのです。

ちょっと面白い機能として、Bluetoothオーディオレシーバのボタンを1回だけ押すと、音楽の再生&停止ボタンとして使えます。
簡単なSPECをご紹介します。バッテリーは250mAhです。約8時間動作が可能です。重さは53gです。安いので購入しても後悔はしないでしょう。

次回はトランスミッターの説明します。お楽しみに!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP