ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

60マイルの巨大レインボーに感激!スミスソニアン美術館のインスタレーション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

眺めるているだけで気分が和むし、偶然見かけたら何かラッキーなことが起こりそうな予感…そんなレインボー=虹に魅了される人も多いかもしれない。

その虹が、何とも幻想的なアートになって登場し、話題を呼んでいる。

場所は、スミスソニアン美術館にあるレンウィック・ギャラリー

クラシックな空間の中に、まるで建築物のように重厚な存在感を漂わせているレインボーだが、実はこちら、さまざまな糸を織り交ぜて作られている。

しかも、19フィート(約6m)の高さの天井にまで引き伸ばされ、全体的にはおよそ60マイル(約96km)の長さにも及ぶ、まさに巨大なマルチカラーのイリュージョンだ。

このアート作品を手がけているのが、Gabriel Daweさん。

彼は昔からこのレインボーを“Plexus”シリーズとして制作していて、今回の作品は“Plexus A1”と題したピースの再構築となる。

この壮大なアートピースを生み出すために、Gabrielさんは大きな棒で作った巨大な縫い針を独自開発。

一度にぐっと糸を引っ張ったり、床と天井を幾十にも繋ぎ合わせるなど、実はかなり複雑な方法で世にも美しいレインボーを創作している。

Gabrielさんにとって、もはやレインボー制作はライフワークの一部。

なので、世界中でインスタレーションを開催している。

他にもこんな鮮やかな虹の世界があり、見る側は感動と驚きの気持ちでいっぱいになるはずだ。

創作のインスピレーションは、彼の子供時代。

幼い頃からすでに才能の片鱗を見せていたGabrielさんにとって、当時は刺繍が女の子の趣味、であることにかなり疑問を持っていたのだそう。

彼の作品の裏側には、男は男らしく、といった固定観念へのアンチテーゼがこめられている。

テキスタイルの新たな可能性としても興味深いこのアート、あなたならどう感じるだろうか?

Gabriel Dawe
http://www.gabrieldawe.com/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP