ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クエンティン・タランティーノ監督、『スター・ウォーズ』上映のための米ディズニーによる“劇場強奪”を非難

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月18日(現地時間)に劇場公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の覚めやらぬ興奮にも関わらず、少なくともあるひとりの男は米ディズニーに対してあまり快く思ってはいない。クエンティン・タランティーノ監督だ。このオスカー受賞監督は、12月16日(現地時間)のハワード・スターンのシリウスXMのラジオ番組の中で、ディズニーに向けて「わざわざ潰してしてくれたね」とコメントした。

「本当に悪い知らせだった。そして本当に腹が立った」とタランティーノ監督はスターンに言った。

なぜタランティーノ監督が怒っているのだろうか。監督によると、ディズニーがアークライト・シネマズを強奪したという。J・J・エイブラムス監督の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の上映のために、タランティーノ監督が70mmフィルムで撮影した映画『ヘイトフル・エイト』がロサンゼルスの有名な劇場シネラマ・ドームから追い出されたという。タランティーノ監督の説明によると、アークライト・シネマズはディズニーに『ヘイトフル・エイト』をシネラマ・ドームでクリスマスに上映すると申し出たが、ディズニーは、もし『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がこの劇場で上映できないなら、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をアークライト・シネマズ系列の全劇場から引き上げると脅迫したという。

「これは本当に悪意がある、強奪だ」と、タランティーノ監督は付け加えた。

タランティーノ監督は特にこのアークライト・シネマズを崇めているという。『ヘイトフル・エイト』の初回劇場公開は12月7日にシネラマ・ドームで行われた。しかも、同作のオープニングのクレジットタイトルにはシネラマのロゴが表れた。

ディズニーがミラマックスを所有していた当時、タランティーノ監督は、全世界の興行収入3億3300万ドルを稼いだ映画『キル・ビル』の2作品や、全世界の興行収入2億1390万ドルを達成した映画『パルプ・フィクション』をディズニーで公開し、同社にかなりのお金を落としたと付け加えた。タランティーノ監督は、彼の不満はエイブラムス監督にあるわけではないと説明した。「僕はJ・Jのことが大好きだ。『スター・ウォーズ』の人たちに向けて言っているわけではなく、ディズニーの人々へ向けてだ」と言った。

タランティーノ監督は、この冬のホリデーシーズンには映画『Joy(原題)』、映画『Sisters(原題)』、マーク・ウォールバーグとウィル・フェレルの出演映画『Daddy’s Home(原題)』など、多くの人気作品が公開される一方で、自分の作品を含めてこれらの映画が『スター・ウォーズ』の競争相手にはなり得ないということには納得している。

スターンはタランティーノ監督にエイブラムス監督がこの問題を解決すると保証し、ディズニーのCEOボブ・アイガーがこの番組の敬けんなリスナーだということに言及した。スターンは、「こんなことがディズニーの利益に影響を与えるわけはないだろう」「ディズニーはこんなことをする必要はなかったはずだ」とコメントした。

スターンは番組の中でアイガーに呼びかけた。「聞いてくれ、ボブ。この劇場のことはどうでもいい。クエンティンは変人だよ、すまないクエンティン。彼らはばかげた70mmのフィルムで映画を作った。そして、クエンティンはこの劇場を大切に思い、ただ、このすごい映画をここで公開したいだけなのだ。あなたは今、世界の頂点に座っている。あなたは『スターウォーズ』を持っている。そのうえ、他に何が欲しいの?」

続けて、「ボビー、寛大な人になってほしい。私はクエンティンにこの新しい映画を公開して欲しいんだ。彼はすごい仕事をした。彼は機材が欲しい。憎にくしいだろうが、私のためになんとかしてくれないだろうか? クリスマスのお願いだよ」と訴えた。

アークライト・シネマズは12月15日(現地時間)、シネラマ・ドームにクリスティのデュアルヘッド6Pレーザープロジェクターとドルビー3Dを導入をすると発表し、『スター・ウォーズ』の公開にぎりぎり間に合わせることができた。平均的な3Dのプロジェクション・システムの2倍以上の明るさで映写できる。

スターンは最近、シリウスXMラジオと自身の4時間番組と新しいストリーミング・ビデオの5年契約を結んだ。

全インタビューはこちらから

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP