ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都会の喧噪から逃げ出したい。世界の人口密度が低い国5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

都心部に住んでいる方にとっては、もはや人ごみは日常の一部だと思います。

東京や大阪など大都市圏で毎日人ごみに紛れていて、たまの休みに思い切って海外旅行に行って、そこでも人ごみに紛れてしまうのはもったいないですよね。

 

世界には、人ごみとほとんど無縁で観光を楽しめる、国自体の人口密度がそもそも非常に低い国が数多く存在しています。

今回は人口密度が低く、人ごみに紛れることなく観光を楽しむことが出来る国を5つピックアップして紹介したいと思います。

 

オーストラリア

Photo by Alan Lam

海外旅行先として根強い人気を保っているオーストラリアは、人口密度が世界でもかなり低い部類に入る国となっています。

国の人口密度は1㎢あたりわずか2.8人。

 

シドニーやメルボルンといった都市こそ大規模であるものの、オーストラリアはほとんどが砂漠や自然に囲まれており、日本では味わえない自然を満喫することが出来ますね。

 

カザフスタン

Photo by loriszecchinato

ユーラシア大陸の丁度中央部分に位置するカザフスタンも、人口密度が非常に低い国として有名です。

国の人口密度は、1㎢あたり5.7人。

最大都市アルマトイは150万人以上の人口を抱えていますが、国全体で見てみると非常にのどかな土地となっていますね。

イスラム教のモスクが数多く造立されており、中東とはまた違った趣のある建築様式は一見の価値ありです。

 

アイスランド

Photo by  Moyan_Brenn

雄大な自然と過ごしたいという方に人気のアイスランドも、人口密度が低い国となっています。

国の人口密度は、1㎢あたり3.1人。

北欧特有の雰囲気あふれる街並みや、広大なフィヨルド、夏でもどこかひんやりとした空気感など、日本では味わえないものであふれた国ですね。

アイスランドは首都レイキャビクでも人口が20万人ほどなので、本当にどこに行っても人ごみとは無縁な国だと言えます。

 

モンゴル

Photo by  JeanneMenjoulet&Cie

ユーラシア大陸のヘソのような国、モンゴルは、世界一人口密度が少ない国として知られています。

国の人口密度は、なんと1㎢あたり1.7人。

唯一首都ウランバートルは人口が100万人以上であり都会的であるものの、一歩郊外に出ればすぐに目の前には大草原が広がっています。

空と大地が一体化しているようなモンゴルの大自然の中で馬に乗れば、日常のことなどすべて忘れてしまいますよ。

 

グリーンランド

Photo by  kaet44

厳密には国ではありませんが、世界で一番人口密度の低い地域が、このグリーンランドです。

地域の人口密度は、1㎢あたりなんと0.03人。

 

グリーンランドの沿岸部に僅かに5万人程度が住んでいるのみなので、人ごみとは全く無縁ですね。広大な自然もさることながら、原住民の人々の生活など、大変興味深いものに満ちた地域です。

 

 まとめ

いかがでしたか。日本の国の人口密度が1㎢あたり336人なので、今回紹介した国々の人口密度がいかに低いかがよく分かりますね。

どうしても大都市になると人が集まる関係上、人ごみというのは発生してしまうものだと言えます。

 

しかし、今回紹介した国にはそもそも大都市自体がなく、場所によっては観光客もそれほど多くないためにのんびりすることが出来るのではないでしょうか。

都会の喧噪にうんざりしている方は、ぜひ今回紹介した国に思い切って行ってみて、存分に羽を伸ばしてみてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP