ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cyanogen、インドでの事業拡大を計画、来年には6社のCyanogenOSスマートフォンが現地で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Cyanogen は、世界の中で今最も成長しているインドのスマートフォン市場における事業拡大を計画しています。Econimic Times が Cyanogen の CEO である Kirt McMaster からの話を基にこのようなことを伝えました。Cyanogen は Android ベースのカスタム ROM「CyanogenMod」や「CyanogenOS」を開発している米国企業で、インドでは今年に入ってから地元メーカー Micromax と提携してインドで発売された YU ブランドのスマートフォンに OS を供給してきました。CyanogenOS は現在のところ、Micromax 1 社に独占的に供給されている状況なのですが、McMaster 氏は、「2016 年には地元・グローバルメーカー合わせて 6 社のスマートフォンがインドで発売される」と明らかにしました。Micromax 独占供給は年内で終了する模様です。同氏はまた、現在は 11 名いるバンガロールオフィスのスタッフを 2016 年末までに 60 名にまで増やす方針も明らかにしており、世界の中でも特にインドに力を入れているようでした。Source : Economic Times

■関連記事
日本通信 b-mobileの「スマホ電話SIM」と「高速定額音声付」が12月29日より「おかわりSIM」に切り換え可能に
Gionee、5,020mAhバッテリーを搭載した6インチスマートフォン「Marathon M5 Plus」を発表
KDDIとOssia、離れた場所でも充電できるワイヤレス給電技術「Cota」をCES 2016でデモ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。