ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外から見た日本のネイルアートとは?映像とネイルアートの関係

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アートのトレンドは「画像」から「映像」の世界へ

SNSの流行が「画像」から「映像」にシフトしつつあることにお気づきでしょうか?
今のSNSもムービー機能を追加したり、スナップチャットの世界的流行からもそれは伺えます。
ファッション業界も、写真よりもショートムービーでコンセプトを伝えるアパレル会社が増えているように、アート、ファッション&ミュージックがより密接な関係性になりつつあります。
1枚で表現していたネイル写真。以前のコラム(活動拠点アメリカ!ネイルアーティストの教えるUS版ネイル事情)で「SNS=ビジネスツール」とお話しましたが、今まで1面でしか伝えられなかったものが「映像」により、質感や立体感、音により世界観が表現できるようになりました。
どんな人がどんな気持ちでどう作ったのか。誤魔化しの効かない本当の意味での自己表現の場となってきます。
アンダーグラウンド系のショートムービーなどでは、ヘアメイクやネイルをアートとして織り込むことも多く、「映像」の流行はネイルアートの枠が断然広がることになります!

 

現代アートとネイルアートの関係とは

日本では一般的に「美容」に属されるネイルアートですが、海外では「現代美術」としても根付き始め、ネイルの仕事も様々です 。
爪に可愛く絵を描いたり美しくラインストーンを並べたりすることもネイルアートですが、ジェルの特性を生かし、粘度や硬さを使い分けたテクスチャーデザイン、一般生活ではなく芸術品として爪を装飾することもネイルアートなのです。
ヨーロッパ(スイス)、アメリカ(マイアミ)、アジア(香港)で毎年開催される世界最大のモダン、コンテンポラリーアートフェア、アートバゼルでも、ここ数年ネイルアートが常に話題で、今年も世界各国から集まるVIPコレクターの方からアートバゼルのヘッドキュレイターの方までネイルをさせて頂く機会がありました。
アート業界の方々が口を揃えておっしゃるのが、日本のネイルアートは世界一繊細であるということ。そしてネイル商品もどこの国よりも豊富で、嬉しいことにネイル先進国という認識を持たれているみたいです。
ビーチ沿いの協賛ホテルでは、夜毎パーティが開かれ、インスピレーションを獲りに来たアーティスト、クリエイター、デザイナー、ミュージシャンなど物を創る人たちが集まり、音、映像、ファッションのコラボレーションによりアンダーグラウンドなアート&カルチャーが生み出されます。
ここでも今年話題になっていたのが「映像」です。

 

世の中の流行から見るネイルアートのカタチ

ネイルアートに流行があるようにアート界にも流行があり、近年はアブストラクトアート(抽象芸術)とエンバイロンメンタルアート(環境アート)が流行しています。つまり「質感」や「素材」を生かしたもの。
そういった部分でいうと、ネイルもかなり影響を受けている気がします。例えば今冬流行中のベルベットネイルも素材感アートですね。
質感、テクスチャー、つまりは3Dに注目が集まるようになったというのは、それを表現する場が増えてきたということではないでしょうか。
そう、平面的表現ではない「映像」に影響されたネイルアートです。世の中の流行を意識してみるとまた違ったネイルアートの顔が見えてきますよ。
Have a wonderful day xxx

Britney TOKYO(ブリトニートウキョウ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP