体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高校中退どん底フリーター → 年商8000万円の会社社長に! プレスラボ代表が語る制作チームがみんな幸せになるマネジメント術

2008年の創業当時から「Webに特化した編集プロダクション」としての方針を打ち出し、8年目を迎える現在も、売上の95%がウェブコンテンツ制作で成り立っている編集プロダクション・プレスラボ。

昨今のコンテンツマーケティングおよびオウンドメディアブームにより追い風が吹いていると言われるコンテンツ業界だが、代表の梅田カズヒコさんは冷静に現在の市場と自社を見つめる。創業8年目を迎えた編集プロダクションの代表に、そのマネジメント術を聞いた。

f:id:careerca:20151112171714j:plain

梅田カズヒコさん/株式会社プレスラボ代表取締役社長

1981年生まれ。高校卒業後、フリーライターとして、Quick Japanや、WEBメディア黎明期のデイリーポータルZ、フリーマガジンR25などで記事を執筆。その後、編集プロダクション勤務を経てプレスラボを創業。主にWEBニュースサイトの編集やコンテンツ企画・運用(オウンドメディアなど)、ライティング、インタビュー、コラム執筆、WEB PRプランニング、ソーシャルアカウント運用などを行う。

不登校、高校中退、腐ったレタスをちぎって食べたフリーター時代

f:id:careerca:20151112171732j:plain

「トラブルだらけの人生だから、だいたいのことは慣れっこなんです。僕の人生最大のトラブルは、17歳のときに通っていた大阪の進学高校の雰囲気になじめなくて中退したこと。かつてのクラスメイトが高校に通う風景をアパートから眺めていて、僕は人生のレールを踏み外してしまったんだと認識しました。そのあとパソコンで調べて、週3日の登校と定期テストさえ受ければ卒業できる通信制の高校の存在を知りました」

ピンチを救ったのが、パソコンで見つけたインターネット上の情報だというのが、その後の運命を暗示しているよう。会社経営をしていくなかでトラブルや挫折はなかったのかと尋ねると、梅田さんはこう答える。

「高校を中退した経験は、今ならたいしたことないと言えるかもしれませんが、当時の僕には人生が終わってしまうぐらいのキツい経験でした。でも、考えてみれば、僕の人生はそういう挫折の連続で。僕は周りからよくポジティブだって言われるんですけど、決してそんなつもりはなくて、ただ世の中にあまり期待していないというか……『ああ、そんなトラブルもあるよね』くらいに思うことが多いんです。悲観と楽観は時に反転するんですよ」

大阪の私立高校に通うために一人暮らしをしたものの、2年で中退。そこから通信制の高校に通い直し、さらに吉本興業の養成所の門を叩いたが、どれもうまくいかなかった。

「でも、お笑いのネタを考えるのは楽しかったし、コントや漫才の台本を書く作業はわりと好きでした。友達が作ったネタを添削したりとか。いま思えばそのときから『書くこと』に興味・関心が強かったし、クリエイティブなことをして生きていきたかったんだと思います」

当時は親に頼るのもなんとなく申し訳なく、仕送りもないなかで極貧生活を送った。家賃も滞納、公共料金もコンビニでは支払いできないぐらいの滞納生活に追い込まれた。

冷蔵庫のなかに、明らかに腐っているレタスがあったんですけど、そのレタスの葉を丁寧に削いで、食べられる部分がどこかにないかと探しているときに、友達に呆れられました(笑)。派遣のバイトをしていたんですが、派遣先の工場に行く電車賃がなくて、早朝のバイトだったので前の日の夜中に自転車に乗って工場の入り口で野宿したこともありましたね」

しかしこのときの経験で、「お金はものすごく大事」「どんなにいやなやつでもおごってくれる人間のことは最大限褒めちぎる」「なるべく安い価格で高カロリーな食材を取るために、エクセルに食べ物の価格表とカロリー表をつける」などの、社会性や技能を身につけていったと言う。

上京後、仕事の変化に合わせるように起業することに

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。