ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ショートでもオトナ女子になれる簡単おだんごヘア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忙しい朝も、アフター6に向けて急いで支度したいときも。部分ウィッグを使うだけで、オトナ女子になれるんです!ぜひマスターして、忙しいときに活用してみてください。

パーマのかかっている部分ウイッグをチョイス

使用するウィッグは「長いポニーテール」のような部分ウィッグです。もともとパーマがかかっているようなウィッグは、より自然になります。できるだけ自分の髪に合った色を選んでください。

髪を高い位置でまとめる

まずは髪を一つにまとめます。手櫛で、ざっとで大丈夫ですので、できるだけ高い位置でヘアゴムでまとめてください。

前髪と顔周りの毛を残す

後れ毛が出てしまっても大丈夫です。この時、前髪顔周りの短めの髪だけはまとめずに残しておきます。

後れ毛をピンで留める

次に後れ毛を全てピンで留めていきます。後れ毛がたくさんあるようであれば、その後れ毛をねじって束にして「×」を描くように留めます。このとき、髪が少ない方はできるだけ小さいピンを使うと、しっかりと止まってくれます。

ウイッグをつける

先ほどヘアゴムでまとめた部分に、ウィッグをつけます。部分ウィッグにも種類がありますが、大体ピンや、コームで止まるようになっているので簡単につけることができます。

ウイッグをねじって巻き付ける

部分ウィッグをぐるぐるとねじります。ねじったらそのまま上にあげ、ヘアゴム部分に巻き付けます。

きつく巻き付けないのがポイント

きつく巻き付けずにおだんごを作って下さい。そしておだんごが潰れて見えないよう、根本はしっかり巻き付け、まるい部分にはゆるさを持たせることです。

ピンでおだんごを整える

おだんごが崩れないよう、毛先はもちろん、いろんなところにピンを刺していきます。飛び出してしまった毛束も留めてください。

慣れてしまえば5分でできてしまう、ショートヘアの方でもできるおだんごヘア。部分ウィッグは時間がない時の味方です!

関連記事リンク(外部サイト)

男がゲンナリする女の口癖~確実に「嫌な女」だと思われる一言~
恋愛偏差値ゼロ男子が挑むモテテク~都市伝説・夜のお店編~
【連載:男と女のなぜ】 男の脳と女の脳は何が違うのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP